2020-08

EPITAPH (エピタフ) toshiさん独占(?)インタビュー

futaneru.jpg mamekao.jpg

<聞き手> ふたする会 ひまひま管理人 (写真右(イメージ))
<アシスタント> ふたちゃん (写真左)


管理人(以下「管」): 皆様いかがお過ごしですか。本日は、80年代に活躍し、約30年の年月を経て復活したヘビーメタル・ハードロックバンド、エピタフのボーカル、toshiさんへのインタビューをお届けします!(パチパチパチ(自分で拍手))

ふたちゃん(以下「ふ」): 管理人さんがインタビューなんてやって大丈夫なの? 人の話を聞かない、というか他人のことに興味が無い、自分のことしか興味が無い管理人が!

管: ふたちゃん、人聞きが悪いなあ。ぼくはこう見えて聞き上手で定評があるんですよ。・・・さて、なぜ今回突然このインタビューを企画したかというと、toshiさんは実はこのふたする会(二俣川を有名にする会)の最初期メンバーなのです。
あれは今から15年以上前…。ホームページを立ち上げたはいいものの、誰からも何の反応も無い虚しい日々が続いていた…。
そんなある日、当時あった掲示板に初めてコメントをくれたのが、まだ会ったことも無いtoshiさん! 以降、トントン拍子で、オフ会を開催しようということになり…。思えばあの頃がふたする会全盛期だった…。私もまだ20代で…


ふ: おい!さっそく自分の話ばっかりになってるぞ!! 早く本題に入れ!

管: ・・・失礼いたしました。ではこれから、toshiさんに10の質問をぶつけたいと思います。YesかNoでお答えください。
では1問目。「子どもの頃は、どんな子どもでしたか?」


ふ: どうやってYesかNoで答えるんだよ!

toshiさん(以下「と」): (気にせず) 学級委員長で、足が速くて、目立ちたがりの男の子でした。

管: なるほど、活発なお子さんだったんですね。足が速いというのがうらやましい。私は運動が大の苦手で、運動会の前日には風邪をひこうと水を浴びたものですけど、体だけは丈夫で・・・

ふ: (無視して) 2問目です。「音楽活動を始めたきっかけは?」

と: フォークギターが弾きたくて、さだまさしをコピーし始めたことがきっかけです。

管: さだまさしですか! ずいぶん音楽の方向性に違いがあるような気が…。そういえば以前NHKでやってたドラマ、さだまさしの役が菅田将暉って、無理がありますよね(笑)。名前は似てますけどね、わはは(笑)。

ふ: (…イライラ) 3問目。「今のメンバーと出会ったきっかけは?」

と: 大学のサークル活動です。

管: 大学のサークル活動・・・鉄道研究会か何かですか?(中略)
・・・あれ? ふたちゃん、すごい時間が押してるんだけど。もっと巻いていかないと。


ふ: お前のせいだろ!

(・・・というわけで、ここからは駆け足でお伝えします)

Q4. 尊敬するミュージシャンを教えてください
→ジャンルを問わずいっぱいいます。みなさん真面目に音楽に向き合ってます

Q5. そもそもエピタフってどういう意味でしょうか…
→「墓碑銘」って意味で、元々はキングクリムゾンの曲名からです。我々とジャンルは違いますが

Q6. 活動休止した理由は
→自分がが就職で岩手に行ったから。

Q7. どうして30年の時を経て復活しようと思ったのでしょうか
→メンバー全員が30年前に見れなかった「その先の景色を見たい」と思ったから。

Q8. 年をとったなーと思う時は
(toshiだけに)
→ライブ後の疲労感が取れない。

Q9. 何か健康に気をつけていることがあったら教えてください
→お酒はほどほどに。腹8分目で。

Q10. 最後に、二俣川のファンの皆様にメッセージを
→いつかフォルテで野外ライブ出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします!


管: 二俣川での凱旋ライブ、期待しています! toshiさん本日はありがとうございました。では最後に写真撮影を…。


IMG_20200628_140050 (2)

ふ: なんでギョーザ食べてる写真なんだよ!

管: ふたする会の会合(=飲み会)で撮った写真だから、こんなのしかありません(泣)。代わりにチラシの写真を載せますね。


IMG_20200629_211956 (3)

管: どうですか、カッコいいでしょう。ライブやCDなどの情報は、「EPITAPHJAPAN」で検索して調べてみてくださいね。
・・・あれ? toshiさんもふたちゃんももういない!? 帰っちゃったのかな・・・じゃー私もこのへんで、失礼します。

そうにゃんさん・お正月スペシャル

sounyansan-last.jpg

20200102_00002_001.jpg

2019年、相鉄こと北相模鉄道は悲願の都心直通を果たした。


しかし・・・

20200102_00002_002.jpg

今までより不便になったと、既存の相鉄横浜駅やJR最強線の利用者から、苦情が殺到したのであった・・・。

20200102_00002_003.jpg

鉄道界の寝業師・わるるんこと のるるん様
「別にそうにゃんさんが全部悪いと言っとるわけじゃないんだよ。
しかし、この大事業を成し遂げるには、いかにも頼りない!」


20200102_00002_004.jpg

「これからはこののるるん様が、金も出すし口も出す!」
「大横浜市も口を出す!」

20200102_00002_005.jpg

「けいきゅんさんも口を出す!」
「はまりんさんも口を出す!」
「ひょうちゃんさんも・・・(以下略)」

「あんたたち関係無いでしょ!!」(←そうにゃんさん)

20200102_00002_006.jpg

「というわけで・・・。この会はそうにゃんさんの解任を決議するものなので、
そうにゃんさんにはご退席いただいて・・・」

「にゃにゃーーーーん!!?」

20200102_00002_007.jpg

「私は辞めたくないんだ!!
やっとレールを敷いたところなんだ!(実際に)」



・・・こうしてそうにゃんさんは、
直通線事業担当を解任させられた。

20200102_00002_008.jpg

数日後、二俣川のグリーングリーンテラス(屋上)で
ぼーっとしているそうにゃんさんのもとに・・・。

20200102_00002_009.jpg

「マナミーさん!」

「そうにゃんさん、忘れ物ですよ♪」

sotetsusen.jpg

「おれ(そうにゃんさん)の相鉄線!!(模型)」

20200102_00002_010.jpg

「マナミーさん、ありがとう・・・。
これを渡しに来てくれたの?」

「そう。それとね・・・。」

20200102_00002_011.jpg

「新年から北相模鉄道のキャラクターは、私マナミーさんになったの。
そうにゃんさんはマナーポスターの担当ね♪」


「にゃ、にゃにゃーーーーーーーーーん!!???」



そして・・・・・・。

20200102_00002_012.jpg

そうにゃんさんの戦いはこれからだ! <第一部・完>

※ この物語はフィクションであり、実在する人物・団体・相模鉄道およびそうにゃんとは関係ありません。

ついにこの日がやってきた

SJ01.jpg

 新宿にやって来ました。しかし、今回はロマンスカーが目的ではない。

SJ02.jpg

 ついに本日(11月30日)開通の、相鉄・JR直通線に乗りに来たのです。相鉄線直通は、りんかい線直通と同じ1・2番線からの発車です。ちなみに5・6番線には東武線直通の文字が。スペーシアが海老名から日光まで直通しないかなあ…(妄想)。

SJ03.jpg

 今回はパスモで乗車しましたが、運賃はいくらかな…と切符売り場で運賃表を見てみると。最近切符を買う機会もあまり無いので、一体どこにあるのやら、なかなか見つからない。

SJ03-2.jpg

 あったあった。570円。この路線図だと、武蔵小杉から2両編成ぐらいで行ったり来たりしている姿を想像してしまいますが、実際は長大な貨物線を走ります。
 ちなみにこの図にはありませんが(連絡乗車券は発売していないとのこと)、二俣川までは760円。どうしても2社にまたがると割高になってしまいます。

SJ04.jpg

 では、いよいよホームに上がります(クリックすると拡大します)。

SJ05.jpg

 ホームには、同業(マニア)の皆様の姿がたくさん。この時間帯は、1番線が湘南新宿ラインとりんかい線直通、2番線が相鉄線直通に固定されているようでした。

SJ06.jpg

 しかし、新宿駅の発車標に、こんな表示が出る日が来るとは…。

SJ07.jpg

 「二俣川」の文字も(感涙)!! (…どこなんだ二俣川って言われてそう)



SJ08.jpg

 やってきた12000系。人が多くて、こんな写真しか撮れませんでした…。

SJ09.jpg

 新宿から約40分で、新駅の羽沢横浜国大に到着。乗車中は乗車に集中していたので(?)、途中は省略させていただきます(すみません)。

SJ10.jpg

 駅名標(クリックすると拡大します)。壁に埋め込みのタイプになっていました。

SJ11.jpg

 コンコースは最近流行の、半透明のテント屋根になっていて明るい。しかしすごい混雑! 相鉄沿線にこんなに人が集まるのは、まさに百年に一度では…。

SJ12.jpg

 入場券を買い求める人たちで、行列ができていました。

SJ13.jpg

 はああ…落ち着いたらまた来よう。

SJ14.jpg

 二俣川のホームに埼京線の車両がとまっている違和感。これがいずれ日常になるのでしょう。これからが本番です。


<おまけ>

SJ15.jpg

 おなじみ、そうにゃん台駅の湘南展示…じゃなくて、湘南台駅のそうにゃん展示です。新宿だけではなく、渋谷直通もPRしています。これ、東急的には大丈夫なの??と思ったら、よく見たら「10Q」になっていた。

SJ16.jpg

 さすがにこれを被るのはちょっと…。ちなみに、行き先表示はなぜか「赤羽線直通」となっていました。

7000系と12000系とそうにゃん様と自動運転バス

 「11月30日相鉄・JR相互直通へ!7000系・12000系撮影会in相模大塚」というイベントに行ってまいりました。もう、あんなのとかこんなのとかそんなのとか、相模大塚でのイベントはこのブログでは毎度おなじみです。

DSC02691.jpg

 相模大塚に到着…するなり、本降りの雨に! 自分の雨男っぷりを呪います。奥から7000系、12000系、一番手前に留置されているのは20000系。

DSC02693.jpg

 おお、特急新宿行の表示が! JR直通の特急は緑色なんですね(各停も緑なのかな…?)。

DSC02694.jpg

 そんなわけで、雨降る会場に入り、傘を片手に写真撮影。

DSC02698.jpg

 7000系は車内に入れます。なんか通勤ラッシュのように混んでいるんですけど…。出口へ向かってみんなでズラズラと移動。さすがにこんなに雨が降っているのに残っているのは、気合の入ったマニアの方々(私含む)が多く、ファミリー層はいつものイベントに比べて心なしか少なめ。

DSC02703.jpg

 こんな感じで、写真などがパネル展示されています。

DSC02706.jpg

 7000系は、日本一吊り革が多い電車だと、鉄道雑誌で読んだことがある(真偽は不明)。もともと吊り革に妙にこだわりがある会社なのかも知れない。

DSC02710.jpg

 外に出ました。なかなかこうして、台車をまじまじと眺める機会もありません。幼い頃、小田急や東急に比べて妙に重々しい造りなのと、ギラギラ光る円盤を不思議に思って眺めていたものです(直角カルダン駆動とかディスクブレーキとか、そんなものは当然わからず)。

DSC02714.jpg

 ヘッドマークも展示されていました。

DSC02715.jpg

 ラストランって…こんなの付けて走ったことありましたっけ?? 5月の10両編成特別運転ではマニアが大挙して大変だったらしいので、やめてしまったのでしょうか…。

DSC02719.jpg

 こんな雨では現れないだろう…と思われたそうにゃん様が、なんとレインコートを着せられてお召しになって、相鉄の人たちに連行されて案内されて、まさかの登場!

DSC02720.jpg

 そうにゃ~ん。

DSC02721.jpg

 そうにゃ~ん、こっち向いて~…って、いいおっさん達(私含む)が、アイドルの追っかけみたいに何をやっているのだ。

DSC02722.jpg

 こんな雨の中働かせて、相鉄はゆるキャラブラック企業だにゃん!(そうにゃん心の声)

DSC02723.jpg

 駅前にとまっていた、大和市の「やまとん号」。客待ちの運転手さんが、何事かとイベント会場を眺めていました。

DSC02724.jpg

 働き者のそうにゃんとお別れし、相模大塚を後にします。

DSC02728.jpg

 一気に場所を移動し、ズーラシアにやってきました。雨はしとしと降り続き、肌寒い。それでもグッズショップには、多くのファミリーやカップルが訪れていました(場違い感が…)。

DSC02729.jpg

 もちろん(?)目的は動物園ではなく、こちらの自動運転バスの体験乗車。こんな天気なので、乗客は私と、自動運転などどうでもよさそうなおっちゃん(何しに来たんだろう…)の2名。

DSC02729-02.jpg

 車内には大きなモニターが設置され、運転手さんがハンドルを操作せずに動いているのがよくわかります。里山ガーデンまでの間、添乗した相鉄バスの方がいろいろ解説をしてくれますが、まだまだ実用化には時間がかかるとのこと。乗っていてもそれは実感しました。

DSC02730.jpg

 里山ガーデンに到着。この日(10月14日)が、秋の開催の最終日でした。雨はまだ止まず、閉園前の蛍の光が流れ始めた。うう、寂しい…。
 入口付近では軽食販売のキッチンカーも出ていましたが、みんな手持ち無沙汰そう。ついつい、高座豚のフランクフルトに引き寄せられて購入しました(ビールにも惹かれましたが、寒いし、このあと夜勤の仕事もあったので自粛…)。片手で傘を差しつつ食べましたので、写真は無しです。すみません。

DSC02731.jpg

 2度の台風襲来で、だいぶ花も散ってしまったようです。各地で大変な被害が出ているようですが、早く平穏な生活が取り戻せますように。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

リンク

検索フォーム

Twitter

お天気

月別アーカイブ