2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうにゃんさん・年末スペシャル

sounyansan-title.jpg

unnamed_1 (1)

20XX年、北相模鉄道(相鉄)本社・・・

SCN_0004 (1)

「課長、お話って何ですかにゃん」

「そうにゃんには長年相鉄の広報として尽力してもらったが…」

SCN_0004 (2)

「ブランドアッププロジェクトの方針と合わないので… 残念だが広報担当の役割は終了ということで……」

kaa001_1 (1)

20XX年、相鉄横浜駅・・・。

「明日からいよいよ相鉄線は都心に直通します! そして・・・」

SCN_0004 (3)

「今日でそうにゃんとはお別れです!」

「そうにゃんがいなくなっても、明日からも相鉄線をよろしくお願いしますにゃん!!」

SCN_0004 (4)

「にゃ・・・にゃ〰〰ん!!?」


SCN_0005 (1)

「ゆ…夢だったにゃん……(全然笑えないにゃん、このマンガ)」

SCN_0005 (2)

「そうにゃんはまだまだやめないにゃん! 来年も応援よろしくにゃん!」

・・・来年もがんばれ、そうにゃんさん!!

※ 北相模鉄道およびそうにゃんさんは、実在する相模鉄道とそうにゃんとは関係ありません。
スポンサーサイト

非連載まんが・そうにゃんさん

sounyansan-title1.jpg
sounyansan1-1.jpg

(アド街ック天国・海老名特集) 「JRや東急との直通運転を目指して工事中…」

「相鉄のことをやってくれてるにゃん!」

sounyansan1-2.jpg

「4位・ビナウォーク」 「ロマンスカーのシートで食事ができる…」

sounyansan1-3.jpg

「次回は練馬・中村橋!」

sounyansan1-4.jpg

「そうにゃんが全然出てこなかったにゃん!!(グッズショップもあるのに!)」

・・・負けるなそうにゃんさん!(つづく)



sounyansan-title2.jpg
large-563b3e186acad.jpg

デザインブランドアッププロジェクトが始動します!

sounyansan2-2.jpg

「そうにゃんのデザインもブランドアップしたにゃん!」

sounyansan2-3.jpg

乗客 「なにこれキモい~」 「こんなのそうにゃんじゃない~」 「素肌に本革、変態っぽい~」

sounyansan2-4.jpg

「ブランドアップはやめるにゃん……」

・・・負けるなそうにゃんさん! (完)

※ このまんがは、実在するそうにゃんとは関係ありません。

続・相鉄都心直通への道

前回までのあらすじ>
 真っ黒な将来に絶望していたそう○ゃん。そこに現れた鉄道・運輸機構マン。そうにゃ○はハマの電チャン様の脅しやのる○んの妨害を乗り越え、いよいよ都心直通へ向けて動き出すこととなった…!


IMG_0001 (1)

 都心直通が決まり、浮かれるそ○にゃん。
 「2015年、相鉄線は都心に直通します!」
 「やるじゃんそうにゃ○、見直したぜ!」「そう○ゃんかっこいい!」(乗客の声)

IMG_0001 (2)

 「鉄道・運輸機構マン、がんばって!!」
 「ひいはあ、きついなあ…」

 順調にトンネルを掘り進める鉄道・運輸機構マン。

 しかし・・・

IMG_0001 (3)

 「2015年にはできない!??」

IMG_0001 (4)

 「わりいわりい。おれのマブダチの貨物くんが、夜中に貨物列車を止めて工事するなんて困るって言うからさ。
じゃーそういうことで」

IMG_0002 (1)

 ・・・・・・・・・・・・・・・。





IMG_0002 (2)

 「2018年までかかる!!???」

IMG_0002 (3)

 「もうみんなに2015年って言っちゃったよーーー!!」
 「そう言われても…今からあやまるしかないよ」

IMG_0002 (4)

 「2018年(予定)、相鉄線は都心に直通します…」
 「なんだよそうにゃ○、金(運賃)返せ!」「そう○ゃんカッコ悪い!」

 そ○にゃんの戦いはこれからだ! (未完)

※ このマンガはフィクションであり、実在するそうにゃんとは関係ありません。

<まんがコーナー> 相鉄都心直通への道

 たまに出てくるまんがコーナー!
 今回は相鉄の都心直通プロジェクトの、これまでの流れをわかりやすくまんがで紹介しますよ。いや、かえってわかりにくい気が…。というか、最近相鉄ネタばかりですみません。

sounyan1.jpg

 そろばんをはじきながら、苦悩するそう○ゃん。
「うーん、最近お客さんの数は右肩下がりだし、沿線は高齢化しているし、ぼくの将来は真っ黒だよ…(泣)」

sounyan2.jpg

 そこに現れた「鉄道・運輸機構マン」。
「お金が無いそ○にゃんが工事費を出さなくても、もうけたお金で少しずつ返してくれればいいんだよ」
「やったー、これならぼくにも都心直通できる!」

sounyan3.jpg

 ○うにゃんは一生懸命直通相手を探しました。お願いしたのは、ハマの番長…いやハマの電チャンことJR様。

「そうにゃ○のくせに、このオレ様に乗り入れようとはいい度胸だな。まあいいだろう。ただしな、乗り入れの車両も線路も、全部オレ様の仕様に合わせるようにな。もし直角カルダンのわけのわかんない電車乗り入れさせようものなら、ただじゃおかねえからな。わかったな!!」
「ひ、ひい~~~」ビビるそ○にゃん。

 しかしそう○ゃんには後が無かった。必死でオレ様JR様と交渉を進めた。
 そんな中、ある年のお正月、地元神奈川新聞が「相鉄・JR直通」のスクープ記事を一面に掲載した。
 黙っていなかったのはのる○んこと東急だ。そ○にゃんの抜けがけのせいで、このままではかねてから横浜市が考えていた東部方面線計画がおじゃんになってしまう。そうしたら、の○るんの新横浜直通の野望はかなわない。○うにゃんの思い通りにはさせられない!

sounyan4.jpg

 のるる○が動かしたのは横浜市先生だ。
「そう○ゃん!自分勝手なことしちゃダメでしょ!ちゃんと先生や○るるんくんと協力しなさい!」
「そうだそうだ!」
「ええ~」

 …ということで、紆余曲折の末、都心直通プロジェクトはスタートした。そうにゃんの戦いはこれからだ!<第一部・完>

 …調子に乗り過ぎてしまった。このマンガは相模鉄道、JR東日本、東急電鉄とは何ら関係がありませんのでご了承ください。JR様やのるるんとのやり取りは妄想であり、実際は当然ながらもっと紳士的な交渉が行われたものと思います。

連続4コマ小説・ふたちゃん(最終回)

title-last.jpg

2-1b.jpg

2-2b.jpg

2-3b.jpg

2-4b.jpg

 応援ありがとうございました。(ふたする会はまだまだ続きます)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。