2017-05

看板しりとり(8)

駅売店

【す】station ist

 ネタが無い時の常套手段・・・いえ、決してそんな事は無い看板しりとりでございます。
 今回は「す」。相鉄の駅売店「station ist」です(写真がボケボケですみません・・・)。昔は「相模鉄道共済組合」という古めかしい名前で営業していたと思うのですが、子会社による運営に切り替わると同時に、現在の名前になったようです。と言っても、品揃え自体はあまり変わっていないようなので、なんだかお洒落な名称と不釣り合いなのですが。管理人が子どもの頃、先々代の駅舎には売店と一緒にミルクスタンドがありました。いちご牛乳の味が懐かしい・・・(涙)。
 ちなみに、みなとみらい線の馬車道駅にもこの相鉄売店が出店しています。横浜駅は何故か京急の売店。他の駅はちょっとわからないのですが、どういう基準で決めたのでしょう。くじ引き?
 さらにちなみに。いつも利用している京急の某駅は、なんと売店の店員まで駅員さんが兼務しています。さらに、普通電車の車掌さんは、快特の待ち合わせ時に駅員に早変わり(?)し、ホームの監視と放送を。効率的と言うか、大変と言うか・・・。

看板しりとり(7)

東京ガス

【と】東京ガス

 惰性で続く看板しりとりのコーナーです。
 今回は「と」。とけい・・・ではなく、自然公園通りにある東京ガスの時計塔の看板です。
 ここの敷地内には白い鉄塔があります。一度登っててっぺんからの景色を眺めてみたい。でも、怖くてとても登れないだろうなあ・・・。
 ライブカメラを設置して、二俣川の景色を生中継してくれないでしょうか。お願いします、東京ガスさん。
 (注・正確には、この店舗は東京ガスから委託を受けた別会社が運営しているそうです)

看板しりとり(6)

アサヒペット

【あ】アサヒペット

 ライフ1階にあるペットショップ「アサヒペット」。道路脇にある看板をよく目にしますし、ラジオCMも聞いたことがありますので、その方面では有名な店なのでしょうか。
 そんなわけで今回、初めてアサヒペットに潜入!! 植物を枯らしまくるダメダメ管理人にとって、動物を飼うなど夢のまた夢ですが。
 ドアを開けると、プーンと何とも言えない微妙な香りが鼻をつきます。店内は思った以上に手狭。小さな犬が小さなガラスケースに入れられずらりと並んでいます。ちょっと狭くてかわいそうな気もする。奥の方では、女性の店員さん2人がかりで犬の散髪中。
 ガラスケースに入ったワンちゃんたち(恥ずかしい)を眺めてみる。値段は6万円台から15万円以上まで、まちまち。犬が苦手の管理人なのですが、こちらにじーっと眼差しを向ける子犬の瞳を見ていると、なんだか愛おしくなってきてしまいます。ア○フルのお父さんの気持ちがわかります。
 あんまり眺めていて、こちらのヨークシャーテリアはいかがですか、などと勧められては困るので、早々にワンちゃんたちと別れを告げ、店を後にしたのでした。

看板しりとり(5)

東急ストア

【と】東急ストア

 電車もバスも相鉄独占地帯の二俣川にあって、植民地のごとく広がる瀟洒な住宅地、東急ニュータウン。(変な表現ですみません)
 そんなニュータウンの入口にあるのがこの東急ストア。周辺に大規模なスーパーや24時間営業のコンビニが増加している中、小さな店舗ながらしっかり生き残っています。この日は、店の外にテントが張られ野菜等を販売していました。

 以上、看板しりとりおしまい。今回の真の目的は、前回パスタを食べられず涙をのんだ「アラ・コンタディーナ」でリベンジを果たすことであります。
 この日のランチは「トマトソースミラノ風」。太めで短い、穴の開いたパスタでした。「パスタ=スパゲッティ」だと思っていたので、若干意表をつかれた。これはこれでおいしい(食べやすいし←スパゲッティを箸で食べたい人)。でも、スパゲッティ型のパスタはまた食感が違うんだろうな。なんだか、もう一度行かないと終われないという気になっております。

看板しりとりリターンズ(4)

11cut.jpg

【い】11cut(イレブンカット)

 春のメロンパンまつりの興奮がいまだ冷めやらない中(本当か?)、グリーングリーンに今春オープンしたメロンパン屋「ポッター」が8月10日付で早くも閉店してしまいました。確かに誰も並んでいるのを見たことが無いし、時間の問題だとは思っていましたが…なんとも早い決断。

 さて、本題の看板しりとりです。今回は、ライフ1階アサヒペットの隣にある美容室「イレブンカット」。二俣川って、人口の割にやたら美容室が多いような気がしますが…気のせいでしょうか?
 ちなみにぼくは美容室とは無縁な髪型をしていますので(どんなだ)、ここ数年はもっぱらQBハウスを利用。めんどくさい洗髪や顔剃りも無いし、とっても楽です。

 QBハウスといえば、以前、緑園都市店を利用した時。けっこう店内は混んでいて、しばらく順番待ちをしていたのですが。
 散髪の終わった白髪の中年男性が、いきなり怒り出したのです。年齢は50代半ばといったところでしょうか、色黒で中肉中背、アロハシャツに単パン、ウクレレが似合いそうな風貌。
「なんだ、これは!! こんな酷い髪型にされたのははじめてだ!千円だからって、シャンプーもしないくせに、これは無いだろ!二度と来ないぞ!!」
 そんなに酷いカットには見えなかったのですが。若い男性店員、申し訳ありませんと平謝り。中年男性が帰った後、憮然とした表情で休憩に入ってしまいました。おかげで二人いた店員が一人になってしまい、待ち時間は倍増。まあ、悔しさのあまり手元がわなわな震えたりしては怖いので、しょうがないのですが。
 確かに、安い料金だからサービスも悪くていいとは思いませんが、でも、やっぱりたった千円で俺は客だぞとばかり怒鳴り散らすのはみっともないなあ。こんな中年にはならないようにしよう、と思ったのでした。

 ・・・そんなわけで。ほとんどひまひま日記と化してしまいましたが。すみません。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気