2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二俣川駅変化の記録(第9回&ひまひま散歩)

P_20170212_104448.jpg

 たいぶ更新をさぼってました。すみません。今回も工事中の二俣川駅の写真です。北口は現駅舎の上に増築中。どんな姿になるのでしょう。

P_20170212_084834.jpg

 南口に建設中の駅直結タワーマンション。ブロックを積み上げるように少しずつ上に伸びています。

P_20170212_085011.jpg

 南口の駅ビルも建設中。階段が交差しているのがよく見えます。

P_20170212_085810.jpg

 ひまひまなので大池公園まで散歩します。途中、ふじみ商店街に立ち寄り。

P_20170212_085837.jpg

 日曜日の朝とあって、人通りも無く寂しいです。普段から寂しそうだけど…。

P_20170212_085916.jpg

 商店街を抜けると、その名の通り富士山が!

P_20170212_085933.jpg

 このあたりの家は、富士山、大山、さらには新幹線まで拝めちゃう絶景ビューハウスでうらやましい。

P_20170212_091024.jpg

 大池公園に着きました。レストハウスができていた。

P_20170212_091117.jpg

 ガラス張りで明るく、暖房も効いていて暖かい。喫茶やコンビニなどのテナントを入れたりしないあたり、良くも悪くも商売っ気の無い横浜市です。

P_20170212_091906.jpg

 写真だとわかりにくいですが、大池、氷が張っています。ゆうべは寒かったんだなあ。

P_20170212_092532.jpg

 梅の満開はもうしばらく先のようです。

P_20170212_092632.jpg

 雪も残っていて、やっぱりこのあたりは寒いのだ。

P_20170212_100151.jpg

 そんなわけで、ゴールの緑園都市駅にて。おなじみ(?)そうにゃんパネルです。「駅も風景も今とぜーんぜん違うにゃん」。
 そう、緑園都市はバブル景気に乗って一気に開発されたんですよね。億ションだなんて言ってたのも、今は昔です。

スポンサーサイト

二俣川駅変化の記録(第8回 続・その時バス停は動いた)

 西友前の仮設バス停に移ってからおよそ1年、南口のバス停が再び駅前に戻ってきました。今度は本設の新しいバスロータリーです。

DSC02002.jpg

 改札口を出て、南口バス停へ向かう階段。二俣川とは思えない(?)天井の高さ!

DSC02003.jpg

 階段の脇に、エレベーターが設置されています。仮設のスロープ通路は閉鎖されてしまいましたが、車椅子やベビーカーの利用者、高齢者は以前のほうが便利だったかも。

DSC02004.jpg

 階段を出ると目の前が、広々したバスロータリー。タワーマンションの完成はまだ先か。

DSC02005.jpg

 商業施設がまだできていないのでやや殺風景ですが、完成したらどんな駅前になるでしょう。

DSC02007.jpg

 案内図です。今度は北口の地上が基準になって、南口の地上階は3階なんですね。グリーングリーン時代は南口の地上が1階で、北口側は地下1~2階という、わかりづらい状態になっていました。

DSC02008.jpg

 ついでに情報。駅工事に伴いいったん閉店した立ち食いそば、ライフの中に復活するみたいです。BARと書いてあるので、立ち飲み客もターゲットにするのかな。いしうすって名前はやめちゃったのか。

DVC00024.jpg

 さらにおまけコーナー。相鉄100周年を記念して、駅構内に昔の写真が掲出されていました(クリックすると拡大します)。1964年から使用された橋上駅舎…とあるから、前回の東京オリンピックのちょっと前ぐらいの写真か。管理人はまだ生まれておりません。
「古い駅と工事中の駅のギャップがすごいにゃ~」

DVC00032_20161218000552708.jpg

 もっとおまけコーナー。おとなり、鶴ヶ峰駅の写真です(クリックすると拡大します)。「むかしの駅は木でできてたんだにゃん」…と言うか、昔の相鉄ってS.T.K.って表記だったのか(Sagami Tetsudo Kabushikigaisya??)。

二俣川駅変化の記録(第7回・いろいろ出来上がってきました)

DVC00027.jpg

 工事真っ只中の南口。フェンスにところどころ設けられているアクリル覗き窓から撮りました。雨の水滴で見にくくてすみません。

DVC00032_20161017180313279.jpg

DVC00035_20161017180314984.jpg

 だいぶ鉄骨が組み上がってきました。この真下に道路トンネルができるはず。

DVC00029.jpg

 そして居酒屋はもうありません。


<おまけコーナー>

DVC00016_201610171808468ef.jpg

 昔たこ焼き屋だった店が、カレー屋になっていました。この写真で何がわかるというのか。すみません。カレーハウスRZというらしい。
 テイクアウトできるみたいなので、買って帰ろうかなーとドアを開けると、店員さんが驚いたような表情。あんまりお客さん来ないのだろうか…(宅配が中心なのかも知れませんが)。なぜか店員さんは5人ぐらいいました。3人ぐらいのカウンター席があるので、店内でも食べられるのだと思いますが、あんまり落ち着かなそう。

DVC00018.jpg

 シーフードカレー(700円)を注文。出てくるまで10分弱ぐらいかかったかな。どんなんかなーと思って、家に帰ってわくわくしながら袋から出すと…。まさかの、パック詰めカレー!?
 いや、温めなおせるし、持ち運びでこぼれないし、合理的だとは思うんだけど…。なんとなく、家でレトルトのカレー食べてるような気分で、ちょっと寂しくなってしまいました。

俺たちも二俣川育ち!

 更新さぼりまくってすみません。ちょこちょこ写真を載っけて、とりあえずお茶を濁させていただきます。。。

 まずは最近商店街のあちこちに飾られているこの写真。

DVC00005.jpg

 「俺たち二俣川育ち!」

 サッカーには(というか、スポーツ全般に)まるで興味が無いひまひま管理人ですが、二俣川育ちだと言われては応援しないわけにはいきません。和田昌士選手と遠藤渓太選手ですね。これからのご活躍をお祈りします。

DVC00016.jpg

 次の話題。北口住民御用達ドン・キホーテの、ICカードmajica(マジカ)カード。なんかわざわざ作るのもめんどいなあと思い、いつもニコニコ現金払いだったのですが、先日、買おうと思った商品に「majicaクーポンで20円引き」と書いてあり、みすみす20円多く払うのは悔しいと、ついにカードを購入しました。
 しかし、クーポンを発券するための手続きに四苦八苦。携帯で登録するのですが、なぜか手持ちの格安スマホでは何度やってもうまくいかず、やむなくもう1台のガラケーで登録。やっとバーコードを表示できて、クーポン発券機で無事発券成功…

 って、なんで20円引いてもらうために、こんなに苦労しなきゃならんのか。お年寄りには難しそうだし、若者はこんな面倒なことするの嫌そうだし、どんな層をターゲットにしているのか疑問に思うひまひま管理人でした。


<さらにおまけコーナー> 早春相鉄スケッチブック

 昔の相鉄線の写真を掲載します。また鉄道ネタかよ!と憤りの皆様、すみません。タイトルは相鉄沿線を舞台にした、知る人ぞ知る山田太一脚本のドラマからの引用です。

IMG_0004.jpg

 80~90年代の相鉄を象徴する落書き電車…いや、グラフィックカー(相鉄公式でこう呼んでいた)をご紹介します。
 まずは1983年(昭和58年)、横浜駅乗り入れ50周年を記念して登場した「ほほえみ号」。登場時はかなりインパクトがあって、話題になりました。グラデーションを多用したデザインはコストが高かったそうで、そのためか他のグラフィックカーより短命に終わっています。
 写真はいずみ野駅にて(1987年撮影)。当時はまだいずみ野止まりで、現在の下りホーム(写真右側)には回送列車が留置されています。

IMG_0006.jpg

 次は、1987年(昭和62年)登場の「緑園都市号」。その名の通り、緑園都市住宅地のPRを目的にした車両です。昨年亡くなった、柳原良平さんによるデザイン。「横浜八景」をテーマにしていて、1両ごとに異なるデザインが楽しかったです。
 写真は横浜駅で、急行いずみ野行とあるのは、たぶんデビュー記念の臨時列車。

IMG_0007.jpg

 8両目(海老名寄り)は、列車名そのもの、緑園都市をテーマにしたデザイン。世はバブル経済に突入、緑園都市のマンションも今では考えられない値段で販売されていた頃ですね…。
 写真は二俣川駅。当時は線路が3本しか無く、いずみ野行は海老名行と同じく1番線から出発していました。下りの急行に乗っても、二俣川でいずみ野線に乗り継げないのです(急行はいずみ野行が出発するまで、二俣川駅手前で信号待ち)。誤乗防止のため、いずみ野行が到着すると「ピンポーン、ピンポーン」と延々とチャイムを鳴らしていたことを思い出します。

IMG_0005.jpg

 そして1989年(平成元年)登場の、池田満寿夫さんデザイン「アートギャラリー号」。かなり凄まじいデザイン。口の悪い母娘が、車内で「き○がい電車」などと言っていたのが印象に残っています。この車両が衝撃的すぎたせいか(?)、相鉄のグラフィックカーはこの3本で打ち止めとなってしまいました。
 写真はだいぶ時代が下って1999年、この年に開業したゆめが丘駅での撮影です。緑園都市号とアートギャラリー号は、比較的最近まで走っていたので(と言っても2003年、もう13年前か…)、記憶に残っている方も多いかと思います。

 そんなわけで。またそのうち古い写真を掲載します。もういいですか。そうですか。

二俣川駅変化の記録(第6回・仮設通路渡り初め)

P_20160810_222843.jpg

 6月の日記でちょっと触れた新しい通路が、開通したと聞いたので通ってきました。渡り初めです。夜なので暗い写真ですみません。

P_20160810_223003.jpg

 道は途中からカクカク曲がって、いかにも仮設っぽくなってしまいます。

P_20160810_223029.jpg

 駅方面へ向かって振り返った写真。スロープはとてもなだらかで、自転車でも楽そう…

P_20160810_223117.jpg

 と思ったら、でかでかと貼ってありました。そりゃそうか。

P_20160810_223223.jpg

 渡り終えると、暗渠から出てきた二俣川の脇につながっていました。周囲は薄暗くて、なんか放り出されたような感じです。

P_20160810_223313.jpg

 案内図が掲示してありました。やっぱり仮設通路って書いてありますね。でも、今まで薄暗い地下通路で相鉄をくぐって帰宅していたこの近辺の人たちは、便利になったかと思います。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。