2017-05

焼酎「濱の光」

 南口駅前の酒屋「いずみや」で、『濱の光』という焼酎を売っていました。酒好き(さして強くない)の弟の誕生日が間近だったなあと思い、せっかくなのでプレゼントに買っていくことに。
 いずみやさんはいつも愛想が良くて気持ちいい。だるそうなお姉ちゃん(or兄ちゃん)がかったるそうにレジ打ってるコンビニで買い物するより、やっぱり嬉しいものです。「贈り物ですか」と聞かれ、ラッピングしてくれました。
 飲まないように見えたのかな。と言うか、自分で飲むためにこれを買う人はあまりいないのかも??

濱の光

 こちらがラッピングしてもらった『濱の光』。ケータイ写真のため写りが悪くてすみません(前のおじいさん携帯の方がよかったなあ…)。

濱の光ラベル

 ラベルをアップで。

 横浜市水道局のホームページに情報がありました。旭区誕生40周年と横浜開港150周年を記念して、横浜小売酒販組合青年部の協力のもとで旭区酒販組合青年部が企画したものだそうで、この「写真日記」でも毎度おなじみ(?)の横浜市の水、『はまっ子どうし』で仕上げたとのこと。
 ちなみに私、実際に飲んでいないので味についてコメントできません。すみません。お酒が好きな方、試しにぜひ一度。

<駅弁シリーズ>大船軒『押寿司食べくらべ』

押寿司

 駅弁シリーズ・・・といっても、以前一度だけ崎陽軒のシウマイ弁当を取り上げただけなのですが。
 今回はグリーングリーンの大船軒で買った『押寿司食べくらべ』(980円)をご紹介。おなじみ鯵の押寿司に加え、特上の鯵(右下の2つがそうです)や鯛の押寿司も加わって、ちょっとお得感のある弁当です。左上にちょこんと置かれた赤いやつは、神奈川名物ひょうたん漬。初めて名物と知ったのですが、これも面白い。

 まあ結局のところ、弁当買って家帰って食べました、というだけの話なんですけど。目を閉じながら食べると、みかん色の昔ながらの湘南電車に乗っているような気分になります(若干無理があるか…)。

どっちのお子さまショー

 仕立屋食堂の「マリノスランチ」にチャレンジしてみよう、と意気込んで出掛けたのですが、店頭のマリノスケくん(でしたっけ??)の「お子さまと一緒にどうぞ」の一言に負け、とうとう入ることができませんでした。
 やっぱりプリン付きのランチを注文する勇気は無いよう・・・。せめて杏仁豆腐だったら良かったのに(そういう問題じゃない!?)。

 マリノスランチの取材はふたする会をご覧のお子さまに任せるとして(いるのか?)、敗北感漂う中、長崎屋のさぼてんでひれかつサンドを買って帰ることにしました。
 振り向くと、パン屋のサンモンテに「窯出しメロンパン」ののぼりが。昨年のメロンパンブーム(?)も今は昔だなあ・・・と思いつつ、店内に入ってみると。

ポケモンパン?

 じゃーん(余計な演出をしてみました)。私の目は釘付けに。「キャラクターパン」なるものを販売していました。「ポケ○ンパン」ではありません。あくまで「キャラクターパン」です。
 ちなみに隣りには、多摩センター方面でよく見かけるネコのキャラクターパンが並んでいました。ちょっとこちらを買う勇気は無かったので、ポ○モンパンのほうを購入。こちらでも十分恥ずかしいのですが。と言うか、マリノスランチとこれと、どれほどの差があると言うのか。

買ったパンはこちら

 買ったパンはこの3つ。左下が窯出しメロンパンで、右下は具だくさん豚まんです。その名の通り、豚まんの具が入ったパンです。これもキャラクターパンに負けない(?)デザイン。
 さて、そのキャラクターパンですが。なんか手に持って眺めていると、やたらかわいいんですよ。いとおしくなってしまう。
 でも食べないわけにはいかないので、まず耳をとって・・・。すまないピカチュウ・・・。うーん、チョコレートがたくさん入ってて、うまいなこれは。ああ、ごめん・・・・・・(と一人芝居を続けつつ、終了)

煎茶丸飲み「まるのみパウダー」

まるのみパウダー

 おみやげシリーズ第二弾です。今回は南口、お茶の渡邉園さんの「まるのみパウダー」をご紹介。お茶の葉をそのまま粉末状にした商品です。
 10本入りで、ケースに入ったものが390円、袋に入ったもの(詰め替え用)が350円。別にケースに入れる必要もないので、詰め替え用を買いました。レジでは、淹れたてのお茶を出してくれて、350円の買い物が申し訳なくなる。
 いただいたチラシ「おいしい五ヶ条」によると、1本のパウダーで500mlペットボトル1本分、湯のみ4杯分のお茶が作れるそうです。ヨーグルトやアイスに振りかけても美味しい、とのこと。

作ってみました

 管理人はその場の思いつきで抹茶オレに挑戦(抹茶じゃないけど)。牛乳をレンジで温め、パウダーと砂糖を入れて、スプーンでかき混ぜて、出来上がり~♪(カップに意味はありません)
 飲んでみると、ややお茶の味が薄い。牛乳の味が強いのかな。もう少し量を減らせば良かったかな・・・と思いつつ飲んでいると。底のほうにたくさんたまってました。
 最後はお茶を食べるような状態になりました。これはこれで身体に良さそうだけど。よくかき混ぜて飲みましょう。
 それにしても、まるのみパウダーって、なかなか秀逸なネーミングのような気が。大山のぶ代が言いそうですもんね。「まるのみパウダ~」って。言わないか。

 最後に。11月25日(金)に、駅コンコースで物産展があるそうです。渡邉園をはじめとして、和菓子・洋菓子・農産品など、様々な店舗が出展予定。この「写真日記」の記念すべき第1回が、1年前の物産展でした。

純米酒、その名も「二俣川」

二俣川

 二俣川でしか買えないおみやげを買おう、と言ったわけで突如始まった新コーナーです。でも、実際二俣川でしか買えないものなんてあるのかなあ…?先行き不安なのですが。

 第1回は、南口駅前の泉屋酒店で販売している日本酒「二俣川」。720ml入りで1,120円。これはまさに二俣川でしか売ってないでしょう!ラベルに書いてある醸造所を見てみると、水戸市にある吉久保酒造という会社で作っているらしく、残念ながら、横浜の地酒というわけでは無いみたいです。お隣鶴ヶ峰には「鶴ヶ峰」というお酒があるらしいですが、現物を見たことはありません。同じ醸造所で作っているのでしょうか?
 ちなみに、泉屋酒店は「二俣川」以外にも多数の日本酒や焼酎を取り揃えているので、お酒好きには楽しいかも。

 さて、家に買って帰ってきて、さっそく試飲してみました。
 うーん。あんまり酒の味ってわかんないんだよなあ・・・それにしてもこんな時間から一人で酒飲んでるとダメダメ感が漂うなあ・・・ダメの中のダメダメ人間だなあ・・・・・・。変な方向に酔いが回ってきたので、このへんで…。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気