2019-09

<ひまひま散歩> 車に乗らずにサービスエリア(&横浜駅近況)

 いよいよ夏到来。毎年恒例のお盆の帰省ラッシュももうすぐです。わたくしひまひま管理人は、高速道路には一切乗らないのですが(あまりに運転がヘタクソなため自粛)、「高速に乗らなくても海老名のサービスエリアを利用できる」と聞き、ノコノコ行ってまいりました。

DSC02740.jpg

 横浜から相鉄線で海老名へと向かいますが、その前に、横浜駅西口に建設中の「JR横浜タワー」の1階通路部分がオープンしたとのことで、立ち寄ってきました。
 写真は中央通路からエスカレーターを上って、西口出口方面へ向かうところ。以前は正面に、ダイヤモンド地下街(現在はジョイナスの一部)の入口がありましたが、地下街入口は相鉄側に向きが変えられています。

DSC02741.jpg

 ジョイナス方面。工事中は閉鎖されていた通路が復活しました。

DSC02742.jpg

 振り返って、中央通路方面。ガラス越しに、横須賀線・湘南新宿ラインの上り列車が見えます。

DSC02743.jpg

 外に出ます。ジョイナスは全く変わりません。壁面には都心直通をPRするポスターが掲示されています(デザインに走り過ぎて目立たないような気が…)。

DSC02747.jpg

 JRタワーの外観。もともと駅ビル「CIAL(シャル)」があった所です。もともと相鉄グループの駅ビルだったんだけど、相鉄が撤退してJRグループになって、東急と共同で再開発することになったものの、今度は東急が撤退して(渋谷で手一杯だったのか?)、JR単独のタワーになった…という経過だそうです。

DSC02748.jpg

 JRタワー、名古屋や京都などの他都市の駅ビルと比較すると小ぶり感は否めませんが(敷地も狭いし、横浜駅周辺は地盤が緩いという問題もあるでしょう)、それでもジョイナスと比較するとやっぱりでかい!
 ジョイナスだって、屋上緑化が叫ばれるずっと前から屋上庭園を設けていたり、ガラス張りのフリースペースを設けていたり(写真正面に見える部分。今は店舗になってしまいました)、オープン当初は先進的だったんだろうなあと思います。

DSC02749.jpg

 地下街と中央通路は、せっかく一旦つながったのに、工事の進捗で再度閉鎖されてしまいました。12月頃の完成まで待つことになります(写真はクリックすると拡大します)。

DSC02750.jpg

 さて、久々の相鉄線に乗って海老名へ移動。

P_20190724_135840.jpg

 特急着いた、海老名に着いた~♪ ということで、海老名駅前です。

DSC02752.jpg

 ここから、コミュニティバスに乗って海老名SAへ向かいます。小さいなあ!

DSC02753.jpg

 狭い住宅地内の道路を縫うように走って、15分ちょっとで海老名サービスエリア下りバス停に到着。さよならバス。

DSC02754.jpg

 業務用通路みたいな入口で(写真の車止め部分)、全然目立ちません。あくまで地元の方たち向けということか。

DSC02755.jpg

 「ぷらっとパーク」という施設らしい(写真はクリックすると拡大します)。ここからSAに入って、車に同乗させてもらえば便利じゃんと思いましたが(あくまで自分で運転する気ゼロ)、その利用方法はNGみたい。

DSC02757.jpg

 よく見慣れた、下り海老名SAです。車に乗らずに来るというのが新鮮。

DSC02758.jpg

 いったん外へ出て、今度は上りのSAへ向かいます。周辺はまだまだ農地が残っています。

DSC02759.jpg

 上り線側は駐車場の駐車台数にけっこう余裕があり、近隣の人の買い物需要を想定している印象です。

DSC02761.jpg

 下り線に比べると立派な入口!(それでも裏口感は拭えないが…)。「EXPASA海老名」というんですね。昔は、なぜかフジテレビ系列のしょぼい(←失礼)レストランや売店があった記憶が…。

DSC02760.jpg

 そんなわけで、中は当然ながら普通のサービスエリアですので、省略(すみません)。再びバスに乗り、30分ほどかけて海老名駅へ戻りました。

DSC_0141.jpg

 おみやげは、海老名名物(理由は不明)メロンパン(リュックに入れて持ち帰ったので、若干つぶれ気味です…)。
 右が下り線「ぽるとがる」の海老名メロンパン。見た目は若干でかめの普通のメロンパンですが、割って食べてみると、いい香りが広がって、うまいなこれは…。
 で、左は上り線、「箱根ベーカリー」のメロンパン。クリーム入りで、ちゃんとメロンの味がするぞ。さっきのと全く風味が違って、これもおいしい。
 結論としては、皆様自分で買って食べ比べてください。すみません。

あさひの逸品スタンプラリー

P_20190126_211423.jpg

 前回の記事で予告した通り、『あさひの逸品スタンプラリー』に参加してきました。ひまひまです。参加店のうち3つの店舗で食べたり買ったりして、スタンプをもらえば、もれなく参加賞をもらえて、さらに懸賞に応募できるというものです。

DSC_0095.jpg

 まずは1店目。二俣川と鶴ヶ峰の中間あたり、厚木街道沿いにある『四季美マート』という、なんとも昭和感あふれる小さな商店街にある、青木商店という酒屋さんです(写真の左側の店)。

P_20190221_185034.jpg

 買ったのはこちらのお酒、『旭の重忠』(背景がゴチャゴチャしてすみません…)。鎌倉時代の武将、畠山重忠ゆかりの地、秩父のお酒『秩父錦』です。ラベルには「家を忘れ 親を忘れるは 武将の本意なり」と書いてある。こう言い残して、重忠は二俣川の地で散ったのありましょう。武将はつらいなあ…。
 青木商店さん、各地の有名なお酒がたくさんあったし、店主さんも感じのいい方でした。

DSC_0096.jpg

 2店目、白根のそうてつローゼンの近く、白根通りからちょっと裏通りに入った所にある、若草という小さな和菓子屋さん。

P_20190221_183923.jpg

 買ったのはこちら、重忠最中。かつて二俣川の和菓子屋さんで売っていたのですが、廃業してしまい、こちらのお店で復活したものです。
 ちなみにわたくし、前回の記事で「重忠最中、復活していただなんて知らなかった!」などとマヌケなことを書いていましたが、重忠最中で検索してみると、なんと上位に以前自分で書いた記事が出てきた…(「帰ってきた重忠最中」)。3年前のことをすっかり忘れているなんて、我ながら将来が恐ろしいですね。

P_20190221_183743.jpg

P_20190221_183843.jpg

 ついでにいろいろ買ってしまいました。甘いものの誘惑は抑えられません。

DSC_0099.jpg

 ラストの3店目。二俣川ライフ内の仕立屋で昼食です。

P_20190221_112530.jpg

 いただいたのはこちら、重忠御膳。今回は重忠縛り(?)で揃えてみました。
 ライフの飲食店って、お客さん入っているのかなーといつも思っていたんだけど、お昼の時間帯とあって、おばさまおじさま方で賑わっていました。常連客が多そう。『二俣川御膳』なるものを頼んでいる人が多かったです(ふたする会としては、こちらを選ぶべきだったかも??)。

DSC_0100.jpg

 最後に、旭区役所の窓口で参加賞と交換(回る順番がめちゃくちゃですが…。今回は都合により車で移動しています)。ぼくが子どもの時から、ずーっとこの古びた庁舎。昔ながらの、ザ・役所という雰囲気だ。

P_20190221_190029.jpg

 で、その窓口でいただいた景品がこちら。あさひくんのメモ用紙(無地)。しょぼ…いや、参加することに意義があるのだ。
 と言いつつ、懸賞に当たりますようにと願っていたりして(そうにゃんグッズ詰め合わせに応募しました)。

 最後に。私事になりますが、諸事情ありまして今後、二俣川の実家に戻る機会が大幅に減ってしまいます。このホームページの更新も不定期になると思います(今でも十分不定期ですが…)。
 ホームページ自体は今後も残しておきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。ひとまず、これまでご覧いただいてありがとうございました。

<ひまひま散歩>横浜の高尾山に登ってきた

 今回はいきなり地図から始めます。


大きな地図で見る

 地図をうすぼんやり眺めていたら、横浜町田IC付近に高尾山の文字が!

すずかけ台駅看板

 そんなわけで行ってきました。降り立ったのは、高尾山口駅…ならぬ田園都市線すずかけ台駅。

すずかけ台駅前

 乗り降りする人も多くなく、閑静な住宅街の中の駅です。

親仔馬

 駅の近く、国道246号沿いに突如白い馬が!? 「親仔馬」と書いてある石碑(?)がありましたが、由来などは見当たりませんでした。

246をまたぐ

 246を歩道橋でまたぎます。写真は厚木方面。

東工大1

 のどかな風景の中に、東工大の巨大な校舎が。

徐行して下さい

 狭い道に、いかにも手書きっぽいペンキ文字が。

除行??

 ん?なんか違う???

高尾さま入口

 歩くこと約10分。「飯縄神社(高尾さま)入口」の道標がありました(クリックすると拡大します)。

飯縄神社へ1

 畑の中のゆるやかな道を登っていきます。なんか個人の敷地っぽいけど、入っていいのかな…。

周辺は畑

 畑の向こうに住宅地、さらに遠くに大山・丹沢の山々が。のどかな光景です。

飯縄神社へ2

 あっという間に山頂が見えてきた。

飯縄神社鳥居

 山頂にある飯縄(いづな)神社の鳥居。

飯縄神社御由緒

 「飯縄神社御由緒」というものがあった(クリックすると拡大)。よくわかりませんが(ダメだ)、いちおう高尾山と関係はあるみたいです。

国土地理院三角点

 国土地理院の三角点もあった。これもよく説明できないので、各自調べてください。すみません。

長津田十景

 ここからの景色は「長津田十景」に選ばれているとのこと(クリックすると拡大)。

山頂からの景色

 残念ながら富士山は見えなかったけど、とても気持ちのいい景色。来てよかった。

写真撮影中

 駅に戻ると、男の子2人が電車撮影を続けていました(降りた時からずっと!)。撮影名所なのかな。

 ホームで電車を待っていると、防災無線から黙とうの放送が流れてきました(駅は横浜市ではなく、町田市にあります)。3月11日午後2時46分。あの震災から3年、こんなひまひま日記を書きつつ生きていることに、感謝しないとならないと改めて思います。

旧厚木街道をゆく

旧厚木街道

 そんなわけで、前回予告しました通り、旧厚木街道を歩きとおしてみたいと思います。久々にマップを作ってみました。雑な絵ですみません。

旧厚木街道入口

 駅前の交番のところで現在の厚木街道をそれ、旧厚木街道に入ります。写真がいつの時代だといった感じのセピアカラーなのは、今回カメラを忘れケータイで撮影したためです。なんでこんな色になるんだろうなあ。

たばこ屋

 正面のたばこ屋の角を右に曲がります。このたばこ屋、野菜の直売もやっています。左手のサーフボードが飾られたレストラン(小さくてよく見えませんが…)、ペット同伴OKとのことで、時折イヌ連れのグループが出入りしているのを目にします。

長崎屋搬入口

 このあたりは長崎屋の搬入口になっていて、大型トラックが出入りします。道が狭いので、慣れないドライバーは四苦八苦しているようです。

二小近辺

 前回紹介したみどり歩道区間は、ここ二俣川小学校付近でおしまい。登下校時は、子どもたちでワイワイ賑やかになります。このあたりは、マンションに囲まれてわずかながら畑も残っています。

鉄塔

 住宅が立ち並ぶ緩い坂道をのぼっていくと、高圧電線の鉄塔がそびえ立っています。このあたりのランドマーク?

中尾小学校近辺

 中尾小学校近くの横断歩道。昔はみどりのおばさんが立って誘導していましたが、今は信号に代わってしまいました。ここで左折。

とんがり保育園

 以前はこのあたりからランドマークタワー(鉄塔ではなくて本物)が眺められましたが、写真左手の保育園が新しく出来て、見えづらくなってしまいました。しかしこの保育園、とんがってますね。思わず角度を測定したくなりましたが、不審者まる出しになりそうなので、やめました。

旭区散策コース

 途中の公園に、「旭区散策コース」の案内板が立っていました。旭区役所で、いくつかの散策コースを設定しているんですね。→旭区散策ガイド

三ツ境駅付近

 そんなわけで、終点の三ツ境駅付近に到着。

旧厚木街道看板

 正直、あまり見どころの多い道ではありませんが、ちょっとした散歩にはいいかと思います。

三ツ境駅

 三ツ境駅から相鉄に乗って帰ってきました。こうして見ると、都会のおしゃれ私鉄の駅に見えないこともない(ような気がする)。

<ひまひま散歩>保土ヶ谷目指してどこへ行く

 相鉄とJR合同で「駅からハイキング」というイベントを開催するとのこと(企画運営はすべてJR側が行うようですが)。二俣川駅からこども自然公園、保土ヶ谷宿本陣跡などを経て保土ヶ谷駅へ向かうルート。今回、保土ヶ谷で用事があったため、ハイキングの予習を兼ねて(参加しないけど)このルートを歩いてみようと思い立ちました。

自然公園通り

 いつものように駅前の自然公園通りからスタート。写真の通り、今にも降りだしそうな寒々しい天気。まったくハイキング日和ではありません。

万騎が原商店街

 ご多分にもれず、シャッター街と化している万騎が原商店街。ますます心も寒々としてきます。

入口広場

 大池公園に到着。例によって原付ぶんぶん乗り回しているおばかな男子がおりました。

あひる1

 池のほとりにあひるくん。

あひる2

あひる3

 …おい、何枚撮ってんだよ(←あひるの声)。

桜山

 春まだ遠い桜山。あと3週間もすれば、桜の花とたくさんの人たちで埋まるでしょう。

分れ道道標

 西大山道と南鎌倉道の分れ道。

分れ道看板

 その分れ道を解説する看板です(クリックすると拡大します)。東へ行けば保土ヶ谷宿、南へ行けば戸塚カントリーの中を抜けて鎌倉まで通じ、西へ向かえば大山阿不利神社へと通じる、とあります。
 この看板をよく読んでおけばよかったのですが、この分れ道が今回のひまひま散歩にとっても分れ道になるのでありました。

戸塚カントリー方面へ

 駅からハイキングの正規ルートでは美立橋を経由して保土ヶ谷へ向かうようですが、ちょっと横道にそれて、戸塚カントリー方面へと向かうことにします。写真はその道路から、鶴ヶ峰方面を望んだもの。いよいよぽつぽつと雨が落ち始めました。

とりでの森

 とりでの森、子どもの頃はアスレチック風の丸太の吊り橋なんかがあった覚えがありますが、すっかり近代的な遊具に代わってしまったんですね。

りす

 道になんか黒いものが落ちてるなあ、と思ったらりすくん現る。近寄っていくたびに、ダッシュで逃げて、こっちを振り返り…を続けます。最後には、「ああ、もうしつこいなあ」とばかりに木に登ってしまいました。

都塚道標

 戸塚カントリーの脇にある「都塚」。武蔵の国と相模の国の国境で、かつては鎌倉の都が一望できたとのこと。今はゴルフ場が見えるのみです。

都塚

 近くにはお社が。困ったときの旭区ホームページ情報によると、延命地蔵尊が祭られているとのこと。また、都塚の位置は二度移転したとか、大正4年に建てられた道しるべが二俣道・武相堺道・鎌倉道の各方向を示しているとかいった情報も。大正4年の道しるべはどこにあるのか、気づきませんでした。

 しばらく歩くと、戸塚カントリーの立派な門が。守衛さんがしっかりガードしていたので、写真は自粛しました。

戸塚区

 戸塚カントリーを過ぎると、晴れて戸塚区入り。戸塚区のマーク、シンプルでいいですね。「と」って。鳥をイメージしているのかな。

 しかしこの道路、車やバイクはたびたび通るものの、人はまったく通りかかりません。雨模様の空は薄暗く、歩道は落葉と泥でぬかるみ、気持ちは沈む一方です。こんな日に駅からハイキングするもんじゃありません。

せせらぎ1

 やっと戸塚カントリーを抜け、景色が明るくなってきました。ちょっとした里山風の景色。

せせらぎ2

せせらぎ3

 小川のせせらぎ(…と言うほどきれいじゃ無かったけど)と梅の花。

せせらぎ看板

 その名も「せせらぎの小道」というんですね。

川上IC

 しばらく進むと、横浜新道の川上インターにぶつかります。さらに進むと…。

東戸塚駅

 あれ、保土ヶ谷へ行くはずだったのになんで東戸塚に出ちゃったんだろう…。

 あとあと地図を確認してみると、私は「戸塚カントリー」と「横浜カントリー」が別物であると理解しておらず、横浜カントリー横を通って今井インターへ抜けて…と考えていたところを、間違えてしまったようなのです。まともにたどり着くのが稀なこのひまひま散歩。
 まあ、今回は雨も降っていたし、今度晴れた時に改めて駅からハイキングしよう…とむりやり納得しつつ、お隣保土ヶ谷駅まで横須賀線の乗客となったのでした。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気