2005-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二1グランプリ ~1回戦第3試合・後半戦~

試験場通りのラーメン屋「見聞録」

20050318200253.jpg

 ラーメン対決の後半戦は、試験場通りの「見聞録」です。
 店に入ったのは平日の午後3時過ぎ頃。お客は他に男性2人。この時間は、ソフトアフロ系ヘア(そんな表現あるのか)の若い店員さんが、一人で店を仕切っていました。このお店、通りがかる時にのぞいてみると大抵若い店員さんたちが働いているのですが、どの人が店長なのかわかりません。
 カウンター席に座り、対戦相手の「勇士ラーメン」と公平を期すため、同じネギラーメン(700円)を注文。こちらは食券式ではなく、食べた後に現金で支払うシステムです。

20050318202349.jpg

 待つことしばし、ネギラーメン到着!ソフトアフロ店員さんの目を盗んで(?)あわてて撮影したのでブレブレです。ごめんなさい~。

味・・・★★★ もやしっ子の私としては、もやし入りなのは高ポイントです。スープの味はにんにくが強くて、若干濃い目。個人的にはもう少し薄味が好きでした。
量・・・★★★ 丁度いい量です。無理なく食べられました。
値段・・・★★★★ 普通のラーメンは、確か500円だったかな。ネギラーメン700円も妥当だと思います。(ネギラーメンを愛する会会長)
店の雰囲気・・・★★★ 通りに面してガラス張りなので、明るい雰囲気。逆に言えば通行人から丸見えですけど。テーブル席もありました。
ボーナスポイント・・・★★★ 店内のBGMはおなじみFMヨコハマ。次の藤田くんは11時40分頃の登場です。
<合計得点 16点>

 と言うわけで19対16で、「勇士ラーメン」が準決勝進出決定!!
 同じラーメン対決にしたのは、管理人の個人的好みが影響してしまうので失敗だったかな。と言うより、この採点方法で公平な勝敗などあり得ないですけど。
 さて、残すところあと2店。魚vs.とんかつの和食対決です。
スポンサーサイト

和菓子いしかわ閉店

20050311180757.jpg

 仰げば尊し 和菓子の恩~

 と言うわけで、春は別れの季節。今回はふたわんグランプリはお休みさせていただき、3月11日限りで閉店となる「和菓子いしかわ」へ行ってまいりました。(よーよーさん、情報ありがとうございました)
 9日から3日間にわたり閉店セールを開催していて、訪れた日が最終日、つまり閉店の日です。狭い店内に机を置いて、団子やせんべい、まんじゅうなど、たくさんの和菓子を並べ、最後の販売をしていました。

20050311182152.jpg

 買ったのはこちら。桜餅といちご大福、それに以前「甘いものが食べたい」で取り上げたことのある『二俣川太鼓』。さすがに3ついっぺんは苦しいので、二俣川太鼓は後回しにして、桜餅といちご大福を食べてみました。手作り感がとてもうれしい。スーパーで買うヤマ○キの和菓子ではこの気分は味わえません。閉店がつくづく残念です。
 それにしても、『重忠最中』に次ぎ、「あさひの逸品」(旭区役所が指定した旭区の名物)がまた一つ消えてしまいました。次は…いやいや、ふたする会では「あさひの逸品」保存のために尽力したいと思います。

二1グランプリ ~1回戦第2試合・後半戦~

ソースから広島の香り「まんてん」

20050301201447.jpg

 まずは前回の訂正から。「まんてん」について「ランチタイムの営業はやめてしまったみたい」と書きましたが、土日・祝日はお昼時も営業してるみたいです。ごめんなさい。
 さてさて。今度の今度こそお好み焼を食べるとじゃ~(屋久島弁…ってしつこいか。すみません)というわけで、寒くて外に向かない足をむりやり動かし、行ってまいりました。
 開店直後の夕方5時半過ぎに入ったのですが、すでに先客の中年の女性が座っていました。並んでカウンター席に座り、ねぎといか天のお好み焼(¥1,050)を注文します。
 カウンター席の前には大きな鉄板があり、店員さん(女性。40代…ぐらいかな?違ったらごめんなさい)の一挙手一投足を見ることができます。でも、あんまりジロジロ見てるのも悪いし、なんだかおあずけ状態の犬のようにお腹が空いてきたので、視線を店内に移します。
 壁にはおたふくソースのポスターやカレンダーが。やっぱりお好み焼と言えばおたふくソースですよね。そして、広島カープのうちわも貼られていました。二俣川で広島気分なのです。

20050301201646.jpg

 そんなわけで、お好み焼完成~!店員さんの目の前で写真を撮るのはちょっと恥ずかしかったので、お持ち帰り用に明太子ともちのお好み焼(¥1,050)を購入し、家で撮影しました…。

味・・・★★★★ 屋台で買うパサパサ粉っぽいお好み焼と違って、しっとりしていておいしい。マヨネーズをかけるかどうか、あらかじめ聞いてくれます。私はマヨラーではないんですが、やっぱりお好み焼にはマヨネーズかな。
量・・・★★★★ 見た目は楽勝かな、と思ったのですが、そばがお腹の中でだんだん重くなってくる。恐るべし広島風お好み焼。隣の席のおばさんは、お好み焼に加えてオリジナルメニューの「まんてん巻」なるものも注文しているつわものでした。
値段・・・★★ 1,000円を超えると無条件に2点以下にしてしまうケチケチ管理人なのです。ランチタイムは値段が違うのかな。
店の雰囲気・・・★★★★ こじんまりしていていい雰囲気。店員さんの感じも良かったです。
ボーナスポイント・・・★★★ おたふくソースのポスターに、お好み焼標語が並んでいます。「親しき仲にも、お好み焼」「家内安全、お好み焼」あたりはいいとして、「風邪をひいたら、お好み焼」はムリヤリ過ぎるでしょ。
<合計得点 17点>

 と言うわけで、17対15で「ピーチ」を破り、まんてんが準決勝進出決定!!
 さて次回はラーメン対決後半戦、「見聞録」ですよー。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。