2006-05

<ひまひま企画>試験場でラーメンを食べよう

 免許証の住所変更の手続きをするために、試験場へ行ってきました。
 二俣川駅から試験場まで歩いてみて、歩きタバコにポイ捨て、さらにはツバ吐きをする男を複数見かけ、愕然。もう二俣川に来るな、と言いたい。実は二俣川住民だったりして。
 とにかく、自分が住んでる街じゃないから平気で汚せるという感覚だったとしたら、許せるもんじゃない。まあ、自分が住んでる街だって汚しちゃいけないんですけどね。
 あと、カップルで試験場に来てる人たちも多い。遊園地や水族館や動物園、百歩譲って(?)図書館ぐらいならカップルで行ってもいいけど、免許の更新ぐらい一人で来てほしいなあ。

 ポイ捨てから拡大して、個人的寂し紛れ意見になってしまいました。すみません。
 さて。手続きも無事終わり、突如思いつきで、試験場の食堂で食事をすることにしました。
 小さい頃、父親に連れられてここでクリームソーダを飲んだ気がする。また、小学生の頃、母親がここの食堂でパートをしていて、「光ゲンジの誰だかが来て、みんなが騒いでた」みたいな話を聞いたことがあります。今じゃ来ても誰もわかんないだろうけど、当時は光ゲンジ全盛の頃だったと思います。

試験場ラーメン

 そんなどうでもいい思い出を振り返りつつ、食券を買って注文したのはこちらです。ラーメン430円。写真のとおり、紛れもなくラーメンです。オーソドックス過ぎて、今じゃ逆に珍しいぐらい。味も至って普通でしたが、昔、遊園地のプールなどで食べた味がして、またも過去にタイムスリップしてしまうのでした。
 店員のおばちゃんたちの対応も愛想が良くて気持ちいい。試験場の国家権力職員の皆様による冷たい対応(言いすぎだ)に寒くなった心を温めてくれるかも知れません。

 ラーメンに満足して建物を出ようとしたら、小さな子どもに犬型の服を着せ、布製の手綱(?)をつけた夫婦が。こんな物売ってるのか。と言うか、いいんでしょうか、これ。なんだかペット状態。
再現図

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気