2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二俣川の中華屋で昼飯を食べる<上海菜館の巻>

 大手資本のSバーミヤンが乗り込んできて、風雲急を告げる二俣川中華戦争。そんな戦国状態の中、人知れず、話題にものぼらず、ひっそりと営業している(いや、話題になってるのか??)「上海菜館」へ行ってまいりました。場所はフォルテ内、旧サンクスの向かいです。

上海飯店

 こちらがその外観。例によっておじいさん携帯(=らくらくホン)による写真なので、粗くてすみません。
 店内に入ると、優しそうなおじさんの店員(店主かな?)に注文をきかれました。3種類あったランチのうち、Aランチ(海老と卵の炒め物・750円)を注文。
 店内は、正面に厨房があり、左右に4人がけのテーブル席が並んでいます。こじんまりしているけど、清潔で落ち着いた雰囲気です。中年の男性客2人が、テポドンに対しての武装の必要性について、熱く議論をしておりました。
 個人的には、飯を食うときぐらいそんな話はやめて、楽しい話をしようよと思うのですが。こんな事言うと、「お前みたいな平和ボケバカ若者がいるからいかんのだ」とショーロンポーが飛んできそうだけど。

Aセット

 話がずれてしまった。そんなわけで、料理が到着。ザーサイとたまごスープが付いています。残念ながら杏仁豆腐は無し。杏仁大使(自称)としては寂しい限りです。
 味は、あっさりした塩味で油が多め。好き嫌いがあると思いますが、個人的には好きでした。見た目の量はやや少なめでしたが、食べ終わったら満腹になりました(ご飯が多かったのかも!?)。
 優しいおじさん店員さん、お釣りを渡す時もしっかり両手を添えて…と言うか、両手で包み込むようにして渡してくれました。感じがいい店でしたので、ちょっとは話題にのぼるように言いふらそう(?)と思います。
スポンサーサイト

新戦略店舗、二俣川に

エスバ

 掲示板で話題となっていた、先日オープンしたSバーミヤンへ行ってまいりました。
 店先の看板には「エスバ」の文字が。「Sバーミヤン」の略でエスバな訳ですね。しかし、ミスドとかケンタとかみんな縮めて呼んでいますが、自分から名乗っちゃうのは斬新…かも。エスバー魔美、懐かしいなあ。あれはエスパーか。すみません。
 先日、テレビ東京の経済番組で「Sバーミヤン」や「Sガスト」といった小規模店舗戦略の特集をやっていました。地価高騰の中、土地代を節約したいという考えと、メニューを絞り込むことで店員の研修期間を短縮できるというメリットがあるそうです。
 ちなみにうちの母は、先日この店でギョウザをテイクアウトしたそうですが、「店員の男の子、ギョウザのたれを入れてくれなかった!顔はかわいかったけど、ダメ!!」とフンガイしておりました。顔は関係ないと思うんだけど。

 そんな話はいいとして、さっそく店内へ。壁際のカウンター席に案内されました。テレ東情報では食券を買うことになっていたので、むむむ、予習と違う!とちょっと戸惑う。このあたりは地域性や客層に合わせているのでしょう。
 メニューは本家のバーミヤンに比べると、やはり少なめ。600~700円台ぐらいが中心のようです。冷やし担々麺640円を注文しました。
 店内を見渡すと、小さいながら、カウンター席だけでなくテーブル席も用意されています。厨房は奥にあり、客同士、また客と店員の視線が直接合わないように配慮して設計されている感じがしました。
 夜は1時まで営業しているそうなので、一人で、また少人数でぶらっと来るのには良さそう。ある意味食に厳しい(すぐに閉店してしまう!?)二俣川にあって、新戦略の店、成功するでしょうか。

<ひまひま企画>相鉄都心直通決定記念・羽沢へ行ってみよう

 神奈川新聞の第一報から1年以上何の動きも無く、もはや計画断念か??と不安視されていた「相鉄・JR直通計画」および「相鉄・東急直通計画」ですが、5月下旬にはいよいよ相鉄から公式発表があり、実現に向けて動き出すことになりました。いろいろと水面下で関係者が走り回っていたのでしょう。よかったよかった(感涙)。
 さて、今回はその直通運転決定を記念し、連絡線で結ばれる西谷・羽沢両駅を見学してみようという、ひまひまにも程がある企画であります。

西谷駅1

 そんなわけで、各駅停車に乗って西谷に到着。今は静かなこの駅が、いずれ一大ジャンクションとなるのでしょう。

西谷駅2

 西谷駅の横浜方にある歩道橋から駅を撮影(クリックすると拡大します)。こうして見ると、ほんとに手狭な駅です。国道や新幹線に挟まれて、大規模な工事も難しそう。完成後はどのようなレイアウトになるのでしょうか。

西谷駅3

 同じ歩道橋から、横浜方面を撮影。線路の周辺は、住宅やマンションが密集しています。

川島町

 16号を上星川方面へ向かって歩き、川島町バス停へ。ここから市営バス新横浜行(121系統)に乗って、羽沢へ向かいます。
 バスは環状2号に乗って、快調に新横浜方面へ・・・と思いきや、あっという間に環2を降り、ほどなく環2沿いの細い道にちょこんとたたずむ羽沢貨物駅バス停に停車しました。

羽沢貨物駅

 これがそのバス停。錆びついたポールの脇に、なぜか古臭いオフィス用の椅子が置かれていました。周囲には人気は無く、環2を走る車の音が響くばかり。

羽沢駅1

 歩道橋で環2を渡ると、羽沢貨物駅の広大なヤードが広がっていました。全く人の気配がしない中で、機関車が黙々と入れ換え作業を行い、構内にトラックが出入りし、脇の環2を車が高速で走り抜けていく。遠く正面には新横浜のプリンスホテルが。どこか異空間に来たような光景でした。

羽沢駅2

羽沢駅3

 鉄道の貨物輸送は過去のもの、というイメージがありましたが、こうして見ると脈々と続いているのだな、ということを実感しました。この広い敷地のどこに相鉄の駅ができるのか…予想もつきません。

羽沢マップ

 羽沢団地バス停にあった、羽沢小学校平成14年度卒業生一同による羽沢マップ。無機質な貨物駅見学の後のせいか、妙にほのぼのとした気分になってしまいました。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。