2006-08

蕎麦居酒屋の昼の顔

御しながき

 ポストにこんなものが入っていました。(相変わらず見にくい写真ですみません)
 「麺酒屋 縁」御しながき。営業時間11時~15時、17時~20時半。定休日日曜日。出前は迅速にお届けします。
 これは、以前掲示板で話題になった「蕎麦居酒屋」ではないですか。居酒屋としては閉店時間が早いような気もしますが…。居酒屋とは縁のないノンアルコール人間ですので、ノコノコと昼間に行ってきました。

縁

 こちらが外観。まるはし時代と大きな変化は無いみたいです。中に入ると、中央に大きなテーブルの一人用席、左右にテーブル席と座敷席が並び、小ぎれいな感じでまとまっていました。
 家族みんなで切り盛りしているような様子で、どこかまだ開店して間もない店特有の手探り感(?)が。お店の小さな男の子が店内をちょこまかと動き回っていました。
 注文したのは、鴨せいろ950円(写真無しですみません…)。蕎麦のほかにも、どんぶり物や、定食系のメニューも揃っていました。蕎麦居酒屋というよりは、お酒も出す町の食堂、といったイメージかも知れません。
 会計を済ませて出ようとすると、男の子がトコトコ寄ってきて、小さく手を振っていました。看板娘、ならぬ看板息子になるのかな。

<よい子の自由研究>二俣川の源流を訪ねて

 ああー暑い。暑くても出来る取材は何か無いものか。というわけで、旭区民が無料で涼める施設(認識が間違っています)、旭図書館へ行ってきました。と言うか、もう旭区民じゃないんですけど。すみません。

旭図書館

↑旭図書館の外観。

白根通り

↑旭図書館前より、白根通りを望む

 しかし暑い暑い。駅から10分ほどの道のりで、汗だくになってしまいました。
 図書館内は、夏休み中ということで子どもがたくさん。閲覧用の机は、勉強中の若い人たちで埋まっていました。
 今回図書館にやって来たのは、二俣川の源流を調べてみたいというのがありました。残念ながら参考になる資料は無かったので、旭区の地図で調べてみることにしました。

地図

 こちら、コピーした地図に自宅でペンを入れたもの。まさに夏休みの宿題みたい。えらい。というかひまひま。よい子のみなさん、マネしてください。
 これで見ると、ずいぶん枝分かれしていることがわかります。本流の二俣川は善部町あたりから流れてくるみたいですが、その他にもいくつか支流があり、希望ヶ丘方面や大池方面、中尾方面などからの流れもあります。これら支流にも名前があるのかも知れませんが、地図ではわかりませんでした。どなたか詳しい方がいましたら、ご教授いただければと思います。
 さて、調べたところで実際に源流を訪ねてみたいと思うのですが、あまりに暑いので涼しくなったらやります。いつになるんだ。

<おまけ>
白根不動の滝

 皆さまに涼しさを感じていただこうと思い、旭図書館そばの白根不動「白糸の滝」の写真を掲載します。(実際は…あまり涼を感じる滝ではなかったのですが……)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気