2009-11

中華街「興福楼」へ行ってきました

 「二俣川から出て行ったお店シリーズ」(もうちょっとましなシリーズ名は無いのか)、アラ・コンタディーナはま玄に続く第三弾です(動物を含めると、タケチヨに続き第四弾??)。
 今回は、現在西福飯店がある場所でかつて営業していた中華料理屋、興福楼。としちゃんさんからの「中華街へ行ったらしい」という情報をもとに、行ってまいりました。

興福楼

 みなとみらい線の終点、元町・中華街駅で下車。日曜日ということで中華街は観光客でいっぱい。地図を片手に、人波かきわけ右往左往しつつ、ようやく目指す興福楼に到着。ローズホテル(旧ホリデイイン)の近く、比較的人通りの少ない通りにあります。

興福楼ランチ

 店内はさっきまでの喧騒がウソのように静か(まあ、お昼時をだいぶ過ぎていたこともありますが)。海老と玉子の炒め物のランチ(750円)を注文しました。
 この日は、かつての駅バイト仲間で、現在某鉄道会社(鉄道…かどうかは微妙ですが、まあいいか)で働いている友人と久々の再会。こんな取材に付き合わせてしまって申し訳ないのですが。ちなみにこの友人、以前にコーヒーの温故知新の取材にも付き合ってもらっている、意外とふたする会の節目節目で関わっている重要人物なのであります(そうなのか??)。みなとみらい線の開業初日に乗りに行ったりもしたなあ(遠い目)。
 そんなわけで、鉄道のことや仕事のこと、中華を食べつついろいろ話していたのですが、途中で絵に描いたような騒々しい若いサラリーマン軍団(騒々しいのは主にそのうちの一人だったけど)が、ケータイでがなり立てつつ入ってきたので、そろそろ退散することに。

 肝心な「この店は二俣川からここに来たのか」については、結局聞けずじまい。どなたか、行く機会がありましたら聞いてください。ああ、使えない管理人ですみません……。

中華街ベンチ <おまけ>店の近くにあったベンチ

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気