2010-11

水道道を行く(第11回・どちらへ進めばいいのだろう)

水道道(田名1)

 再び番田駅に降り立ち、前回の続きの地点までやって来ました。ここからはカラータイルで整備されています。

これは何?

 すると突然、どう遊んだらいいのやらわからない謎の遊具が。

お腹ひねり説明

 説明板には「お腹ひねり」とありました(クリックすると拡大します)。「高齢者優先」と書いてあります。

背のばしベンチ

 今まで子ども向けアニマル遊具エリアだったのですが、突如お年寄り向け健康器具エリアになってしまったみたい。ちなみにこれは「背のばしベンチ」。ドラえもんの道具みたいなネーミングですね。

水道道(田名2)

 整備された区間は終わり、

水道道(田名3)

 砂利道となってしまいます。

工事中

 途中、水道管の取替工事をしていました。これだけの長距離、メンテナンスも大変でしょう。

水道道(田名4)

 途中、水道道は住宅地内のごく普通の道になり、

水道道(田名5)

 そして再び畑の中の一本道に。

十二粁横濱市水道局

 逆光で読み取れませんが(すみません)、「十二粁横濱市水道局」と書かれた古い石碑が。「粁」という漢字が読めなかったのですが(正解は「キロメートル」でした)、何となく水源地からの距離を示しているような気がします。

トロッコ看板(田名)

 その証拠に、しばらく歩くと例によってトロッコ看板が。取水所から11㎞。野毛山からの道のりの4分の3を歩いてきたことになります。さすがに感慨深いです。

六差路

 などと感慨にふけっているうちに、一直線だった道が複雑に分かれだした(この写真ではわかりづらいですが、なんと六差路!)。この先、どちらへ向かえばいいのか!?
 ・・・と盛り上げた気になりつつ、次回に続きます。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気