2011-12

南口もイルミネーション

南口イルミネーション

 前回「よいお年を」などと書きましたが、そう言えば北口のイルミネーションだけ取り上げて、南口を忘れていました。
 そんなわけで、写真を撮ってきました。うーん、地味? でも、来年から南口の再開発が始まりそうなので、グリーングリーンの電飾もこれで見納めかも知れません。
 では、今度こそよいお年を!

<ひまひま歴史企画>重忠紀行・最終回

 ああ、もうすぐ今年も終わってしまう・・・!
 というわけで、しばらくほったらかしだった重忠紀行、駆け足で進めます。今回は、重忠終焉の地、地元旭区です。

首洗い井戸

首洗い井戸説明

 まずは旭区役所の片隅にある「首洗い井戸」(看板の写真はクリックすると拡大します)。重忠の首を洗い清めたという井戸があったそうなのですが、面影は全くありません。

首塚

首塚2

首塚説明

 そのすぐ近くにある「首塚」。重忠の首が祭られた場所とのこと。生々しい名前が続きます。

合戦の地

二俣川古戦場

 以前も取り上げたと思いますが、区役所前の一帯が二俣川古戦場。ここで激しい戦いが行われ、重忠は命を落としたわけです。

畠山重忠公碑

重忠公碑説明

 そこにあるのが、畠山重忠公碑。鶴ヶ峰と埼玉県川本村(現・深谷市。「畠山重忠公史跡公園」があったところ)の有志が建てたそうです。

さかさ矢竹

さかさ矢竹説明

 その横には「さかさ矢竹」が。説明文を読むと、やや(と言うかかなり)眉つばっぽい伝説ですが…。
 馬を背負って崖を下りた伝説同様、重忠がすごい人であったということを表しているのでしょう。

矢畑・越巻

矢畑・越巻周辺

 水道道をしばらく行くと、「矢畑・越巻」が。北条勢が射た矢が一面に落下し、矢の畑のようになったとのこと。
 現在の風景からは全く想像がつかないですが…。

水路橋

 続いて、残りの史跡を回るために16号を渡って反対側へ。
 見たことのある構造物が…と思ったら、以前若葉台で出会った「川井鶴ヶ峰道水路」の水路橋でした。
 …というかまた道に迷ってしまった。

薬王寺

 何とか目指す薬王寺に到着。

六ツ塚

六ツ塚説明

六ツ塚2

 ここに、主従一同が葬られたという「六ツ塚」があります。このこんもりした地面がそうですよね。実は3つしか見つけられませんでした。6つあるのかな??

鶴ヶ峰神社

 なんだか打ち切りマンガのごとき駆け足ですみません。「鶴ヶ峰神社」の看板を目印に進みますと。

駕籠塚

 近くにあるのが「駕籠塚」。

駕籠塚2

駕籠塚碑文

 夫・重忠の死を聞いた内室が、悲嘆に暮れて駕籠の中で自害したという、悲しい話が残っている地です。

かえる

かえる2

 重忠と全く関係無いですが、鶴ヶ峰浄水場周りのフェンスに貼られていたかえるくんです。浄水場は何か工事をしているようで、中は見えませんでした。かえるくん、見覚えがあるけど、名前はあるのかな?
 このあたり、桜の時期はとてもきれいだと、散歩中の方に教えていただきました(かえるくんもお花見してますね)。

鶴ヶ峰風景

鶴ヶ峰風景2

 鶴ヶ峰の高台から、昔に思いを馳せつつ…(クリックすると拡大します)
 重忠紀行、今回で終わりです。皆様、よいお年を。

※ 重忠紀行の地図はこちらです→ 重忠紀行マップ

今年もイルミネーション

ライフ

 今年も、二俣川ライフの入口がイルミネーションで飾られました。時節柄若干控えめですが、それでもきれい。
 これを見ると、ああ年末だなあという気がしますね。忙しくも無いのに、忙しい気分になってしまいます。
 ちなみに南口はまだ見てません。すみません。

 そしてちなみに重忠紀行も、写真撮影だけしてきて、まだアップの準備もできてません。すみません。いろいろ積み残したまま時間が過ぎていく12月なのでした。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気