2012-01

新春特別企画!?フタマタからニコタマへ

二子玉川駅名票

 突然ですが、用も無いのに来てしまいました。フタマタならぬニコタマに。
 東急の駅名票は平仮名なので、ぱっと見、ますます「ふたまたがわ」に見えてしまうような気が。

二子新地駅ホーム

 今回は、二子玉川と多摩川を隔てて隣り合う、川崎市内の二子新地駅で下車。

二子新地駅前

 お洒落なイメージの田園都市線「~台」「~野」「~が丘」各駅と違い、ここ二子新地駅はどこか相鉄の駅前と似た雰囲気です。

二子神社

 駅近くにある二子神社。鳥居の向こうに、謎のオブジェが見えますが。

岡本かの子文学碑

 これは「岡本かの子文学碑」。地元有志により昭和37年に建てられたとのことで、モニュメントが岡本太郎、台座が建築家の丹下健三によるもの。

二子橋

 多摩川にかかる二子橋。

二子橋を渡る

 二子橋を渡り、二子玉川へと向かいます。

田園都市線

 橋に沿って、田園都市線が走っています。かつて、電車が「玉電」と呼ばれる路面電車だったころは、この二子橋を車や歩行者と一緒に渡っていたそうです。

二子橋から新二子橋

 反対側を眺めると、246号の新二子橋が。

ライズ

 二子玉川に着きました。最近できた再開発ビル、二俣川ライフ…ならぬ二子玉川ライズ。でかい!

堤防

堤防

 再開発地域のすぐ横は、このように土で盛られた堤防になっています。川から若干離れていて、堤防の内側にもビルや住宅が建っています。なぜこのような地形になっているのかわからない。

二子玉川駅

 駅と直結した再開発エリアへと入ります。

ライズ内

 何と言うか、広くて新しくてきれい、と小学生みたいな感想しか無い。

玉川高島屋

 駅の反対側には、玉川高島屋が(イモムシみたいですね??)。かつて玉川高島屋は、高島屋と相鉄が出資した横浜高島屋が運営していたそうですが、横浜高島屋が高島屋本体に吸収されたため、今は相鉄の資本は入っていません。

 特に買い物も無いので、ニコタマ初散策はあっという間に終了、そそくさと帰ることになりました。駅近辺は賑やかで、道行く人たちも二俣川に比べるとお洒落な感じがしましたが(お前が言うな、と言われそう)、ちょっと駅を離れると自然もあるし静かだし、住みやすい街なんだろうなと(住めるかどうかは別として)思いました。

<おまけ>
池上本門寺

 せっかくなので、電車を乗り継いで池上本門寺へ。

池上駅

 ローカル色あふれる池上駅。何だろう、ニコタマよりこっちのほうがおちつく・・・(笑)。

東急蒲田駅

 東急蒲田駅。西の阪急梅田駅を彷彿とさせる立派なターミナルです(ただし、こちらは3両編成ですけど…)。

 そして、羽田空港へと向かい、直行バスで二俣川まで…というひまひまルートで帰ってきました。
 羽田直行バス、平日の昼間にも関わらずかなりの乗車率でびっくり。小さな子ども連れも多かったです。遅い正月休みなのかな?
 すぐ前の座席に座った初老の夫婦、親父がビール臭い息をハーッとまき散らしていて(深呼吸??)まいった。しかも、いい気持ちになってるのか、「『相鉄ハイウェイクルーザー』だってよ、バスじゃねえんだってよ、クルーザーだって」「バスの色も電車の色もバラバラで、所詮三流私鉄だよ、三流私鉄」などとつまんないことばかり言っていてさらにまいった(大抵こういう旦那さんの奥さんは良くできたもので、ひたすら聞いているのみです)。まあ確かに三流かも知れないけど、あなたが利用するには丁度いいでしょう。

帰ってきた二俣川

 などと、これ以上書くと差し障りがありそうなのでこのへんにして。帰ってきました二俣川。三流私鉄の沿線だとしても(←しつこい)、やっぱり生まれ育った街が一番落ち着きます。

※今回の地図はこちらです→ 地図

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気