FC2ブログ

2017-12

『大相鉄展』に行ってきました

DVC00060-02.jpg

 横浜高島屋で開催されている、相鉄100周年の企画『大相鉄展』に行ってきました(『大相撲展』ではありません)。

DVC00064.jpg

 この写真ではよくわからないのですが、入口で硬券の入場券が配られ(入場は無料です)、改札口で駅員さんに入鋏してもらえます(懐かしい!)。ぼくが入場した時の駅員さんは若かったので、たぶん本業で切符にハサミを入れる経験は無いだろうな…。

DVC00065.jpg

 こちらがその硬券入場券。無造作にポケットに入れたまま忘れてしまい、家に着いた時には見事に折れ曲がっていました。ばかばか(泣)。

DVC00043.jpg

 貴重な過去の写真やポスターなどがたくさん展示されていましたが、残念ながらそれらは撮影禁止。現役の社員さんが作ったというジオラマ群は撮影OKでした。すごい!(ジオラマの写真はクリックすると拡大します)

DVC00045.jpg

DVC00047.jpg

DVC00048.jpg

DVC00049.jpg

DVC00046.jpg

 今は無き大塚本町駅。

DVC00044.jpg

 そしてさちが丘陸橋&いずみ野線のオーバークロス。時空を超えた世代の電車が走ってます。

DVC00051.jpg

 続いて歴代制服展示。

DVC00050.jpg

 前にも書いたと思いますが、実は私ひまひま管理人、学生時代(約20年前)に相鉄で駅員バイトをやっていて、この制服(右から2番目)を着ておりました。意外と重くて、そして夏暑くて冬寒いのです。
 一番右は、当時主要駅に配置されていた案内係の制服(中の人は「案内専任」と言っていた)。なぜか若干コワモテの人が多かった。いつの間にか見かけなくなっちゃったけど、いつまでいたのかな。

DVC00052.jpg

 左下に写っているカンテラが「合図灯」。その名の通り、夜間はこれを使ってドア閉めや発車、非常停止などの合図を送ります(明るい時間は手旗を使用)。接触が悪い物があって、ランプが点かなくてバンバン叩いた思い出が…(余計なこと書いてすみません)。
 最近の合図灯は、LEDを使っていてとても明るく、軽くて扱いやすそうです。会場でも体験できるようになっていて、一度使ってみたい…!と思いましたが、良い子の皆さんたちに交じって体験する勇気が無く、やめました。

DVC00053.jpg

 側面の種別表示機。昔は「急行」「各停」「各停 いずみ野」の3種類ぐらいしか無かったなあ…(あと「回送」があるか)。「通特」は設定する予定はあるのでしょうか。
 そういえば、昔は「各停」って表示を出しているのは相鉄ぐらいしか無かったけど、今ではあちこちで見かけますね。時代を先取りしていた??

DVC00061-02.jpg

 マジックハンド(拾得器)体験コーナー。斬新な企画ですね(笑)。

DVC00059.jpg

 2月デビュー予定(12月のはずだったんだけど、延期に)の20000系の運転台。東急直通用ということで、取り扱いを揃えています。いろんな車種を運転しないとならない相鉄の運転士さんは大変だ。
 鉄道マニアの皆様のツイートによると、この運転台に「東武」「西武」などと書かれている所があって、「森林公園や飯能まで乗り入れるのか!」と一部で話題になったそうですが、結局テープで隠されたみたいです。東武と西武からお叱りでも受けちゃったのでしょうか。

DVC00055.jpg

DVC00056.jpg

DVC00057.jpg

DVC00058.jpg

 とにかく、マニアックな展示品が多くてすばらしい。興味のない人には何だこりゃでしょうが…。

DVC00062.jpg

 吊り革がいっぱい! この会社の吊り革にかける情熱は異常です(笑)。

DVC00063.jpg

 平日にもかかわらず、結構な賑わいでした。家族連れだけでなく、意外と年配客が多い印象で(高島屋の客層によるものだと思いますが)、昔の横浜駅の写真を見て懐かしんでいる方もいました。
 無料でこの内容は十分満足です。短期間で終わっちゃうのは勿体無いなあ。ゆめが丘の高架下にでも常設展示してください(無理か)。

ベールを脱いだ北口新駅舎

 ふたする会の会員様より、「北口の新駅舎が姿を現した!」との情報をいただき、行ってまいりました。

DVC00034.jpg

 おおお。

DVC00041.jpg

 相鉄のブランドアッププロジェクトで、レンガをキーマテリアル(よくわかんないけど)にするという方針があるみたいで、この駅舎もレンガ張りになっています。
 今までは2階建てだった駅舎(ふたする会のトップページを参照)を、2階分増築して4階建てになっています。強度は大丈夫なのかな。いや、当然大丈夫なんだろうけど。

 この新駅舎を見ると…ふたする会の皆様には何度も言っているので、しつこいと言われそうだけど…ある駅を思い出してしまうのだ。

電鉄魚津駅1

 その駅がこちら。富山県を走る、富山地方鉄道(地元では「ちてつ」と呼ばれている)の、電鉄魚津駅。地方私鉄では珍しい、4階建て(同じだ)の堂々とした駅舎です(写真は2010年に行ってきた時のもの)。

 しかし、中に入ると…

電鉄魚津駅2

 ああ……

電鉄魚津駅3

 「ステーションデパート」と名乗るだけあって、きっと賑わっていた時代があるのでしょう。しかし、昔の光今いずこ…。地方都市、地方私鉄の現状を見せつけられるようで、寂しくなってしまいました。

 せっかく二俣川駅が新装オープンするのに、縁起が悪い話題を出すな!と怒られそうですね。すみません。と言うか、縁起が悪いだなんて魚津に失礼か。重ねてすみません。
 ちなみに、電鉄魚津駅舎、今はバリアフリー対応のシンプルな新駅舎に建て直されたそうです。二俣川と魚津と、どちらも発展しますように。

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気