2018-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待たせたな!と20000系がやってきた

DSC01923_20180213004321227.jpg

 2月10日に、相模大塚で「新型車両デビュー記念撮影会in相模大塚」が開催されたので、当然ながら(?)行ってまいりました。

DSC01924.jpg

 すごい大盛況! 家族連れが多かったです。

DSC01925.jpg

DSC01926.jpg

 おなじみのそうにゃん幕(幕じゃなくてLEDだけど)は20000系でも健在でした。

DSC01927.jpg

 のっぺりしたお顔が多い相鉄車両にあって、複雑な造形の20000系。男の子が喜びそうなカッコいい車両です。
 しかし、JRのOEM(←用法が間違ってる?)、徹底したローコスト車両10000系が登場した時は、相鉄マニアとして心底がっかりしたものですが、苦節16年(早いなあ…)、再びこうした個性的な車両が登場したのは感慨深いです(相鉄の中の人が一番そう思ってそうだけど)。

DSC01929.jpg

 相模大塚での撮影会名物、ローゼンのカゴです(カゴを撮影してどうする…)。

 さて、この後は車内撮影! と思ったのですが…

DSC01935.jpg

 どひゃー。なんなのこの行列は。

DSC01936.jpg

 車内は、営業運転に入ってからのお楽しみにします。翌日からですからね。

DSC01940.jpg

 20000系と並んでいたのは、おなじみ電車の長老ナナセンさんこと7000系。管理人とほぼ同世代(歳がばれちゃう)、そして20000系と同じく日立製のアルミ車体で、後輩に道を譲って引退するであろう7000系。スマートな20000系と比べると、いかにも武骨で古めかしい7000系。でも、相鉄において脈々と受け継がれてきたアルミ車体が(8000系でいったん途絶えちゃったけど)、今日の日立のアルミ車両の隆盛につながっているのでしょう(たぶん)。

 さて、翌11日。運転開始したばかりの20000系に乗りました。横浜駅16時ちょうど発の特急で、海老名まで(横浜駅入線写真を撮りたかったけど、間に合いませんでした。残念…)。
 乗車中、一般客からマニアファミリー(?)まで、皆さん口々に新車の感想を話していました。誰でもひと目で新車とわかるインパクトはやはり凄い。
 そして、走行中の揺れが少ないのに感心しました。相鉄といえば、ガタンガタン、バタンバタンと音を立てて走る硬い乗り心地が特徴でした。JRタイプの10000系、11000系ではだいぶ改善されましたが、20000系ではさらに良くなっています。

 海老名に着いたら、折返し時間でゆっくり車内の撮影を…と思っていたのですが…。

 車掌さん「この電車は折返し回送電車となります、お近くのドアからお降りくださーい」

 えええー。聞いてないよ!? そんなわけで、到着間際に慌てて撮影しました。

DSC01942_20180213004317471.jpg

 車内の写真。ガラスを多用して、広々と見せるよう工夫しています。なにぶん、11000系に比べると車体幅は18cmも狭いのです。これは直通先の東急に車体幅を合わせたため。実際に座ってみると、明らかに狭く感じます。

 DSC01944.jpg

 座席の仕切りは大型のガラス張り。これなら立っている人が寄りかかってきても圧迫感が少なそう。ただ、ガラスは汚れがつきやすいので、こまめに掃除をお願いしたいところです。

DSC01943.jpg

 この写真だとわかりづらいのですが、天井は高めで、ドーム風の独特の形になっています(同じ日立製の、東京メトロ西武鉄道に似ています)。
 天井からは流行りのデジタルサイネージがぶら下がっています。自社広告が中心で、JRのような豊富なコンテンツは期待できませんが。(8000系が登場した時も「車内の電光掲示板で、将来的にはニュースなどの情報提供が可能です」とPRしていたと思う。あれから30年近く経つけど、いまだにニュースは流れていない…(泣))

DSC01945.jpg

 ドア横にある、乗客が自分でドアを開閉できるボタン。相鉄の短い路線で、どこで活用するのだろう。西武秩父にでも乗り入れる時に備えているのかな? いや、これは自動窓なき今、代わりのボタンとして設置したのでは無いだろうか。「とにかく、とりあえず何かボタンをつけたかった」という設計担当者の熱い思いによるものと思われます(たぶん違う)。
(…などと適当なことを書きましたが、ネット情報によると海老名での折返し時間の際などに実際に使っていたみたいですね)

DSC01947.jpg

 こちらは20000系の目玉ともいえる「ユニバーサルデザインシート」。立ち上がりを容易にしたということで、座面はかなり高めです。乗客のおばさんが「おじいちゃんおばあちゃんの足が、届かなくてぶらぶらしちゃうんじゃないの」と話していましたが、実際にはどうか、空いている時に座って試してみたいです。ちなみにこの区画、荷棚は無くて代わりに座席下に荷物を入れるようになっています。空き缶置き場にならないように、乗客のマナー向上に期待したいもの。
 他にも、復活!車内の鏡、とかチェックしたかったけど、とにかく時間が無かったので割愛。

DSC01946.jpg

 そして20000系は車掌さんの予告通り回送となり、

DSC01949.jpg

DSC01948.jpg

 たくさんの観客に見送られ、

[広告] VPS

 かしわ台へと去っていきました。ありがとう、さようなら。20000系。<完>

(ちなみに、運転打ち切りの理由は車内の案内装置の不具合だったそうで、翌日には復帰していました)


<おまけ>

DVC00041_201802130044287a2.jpg

 湘南台駅では、20000系の写真展や、顔出しパネル(親子連れの皆さんが楽しんでいたので撮影自粛)など、いろいろな展示物がありました。

DVC00052_20180213004430bfb.jpg

 「20000系運用表」なるコーナーも。しかし、「本日の20000系の運行番号は、終了しました運行です」って…。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。