2019-05

羽沢横浜国大駅を見に行く

 もうすぐお別れの(と思われる)7000系へのお名残乗車と、その7000系に代わりJR直通に対応した新型車両12000系の初乗車を目的に、相鉄横浜駅へ向かったのですが…人身事故の影響で、7000系は運休に。今回は目的を変更し、いよいよ11月30日開業予定の、羽沢横浜国大駅を見に行くことにしました。
 ちなみに、まだ工事すら始まっていない2006年7月にも、現地を訪れています。よかったら合わせてご覧ください。⇒ 2006年7月の羽沢

P_20190502_145556 (2)

 上星川駅で下車。手狭な駅前で、いかにも相鉄の駅前といった風景です。バス乗り場の雰囲気が、ちょっと地方のローカル私鉄っぽさもあって好ましいです。

P_20190502_145806 (2)

 駅前から国道16号に出て、上星川バス停から新横浜駅行きのバスに乗車(これ、もし土地勘の無い地方の旅行だったら、駅前で「バスが見当たらない」と右往左往し、やっと国道のバス停を見つけたら、バスは颯爽と走り去ってしまいました…というパターンになりそう。たぶんほぼ間違いなく)。
 写真の頭上を横切る箱みたいなものが、相鉄が直通する東海道貨物線(右が羽沢方面、左が東戸塚方面。この区間は相鉄車は走りません)。建設時に激しい反対運動が起こったため、ものものしいシェルターで覆われたそうなのです。
 ちなみに2006年の記事ではこのバス(121系統)は市営バスでしたが、翌2007年に神奈中に移管されています。

P_20190502_152034 (2)

 環状2号の側道に入ったところで、羽沢貨物駅バス停に到着。右手にちらっと見えるのがその貨物駅。なんか前回来た時とあんまり周囲の風景が変わっていない気が…。

DSC02563.jpg

 環状2号を歩道橋で渡ります。この部分は、真新しい歩道橋に変わっていました。この写真だと見にくいですが、その先に続く、貨物駅をまたぐ歩道橋は古いまま。

DSC02565.jpg

 歩道橋のスロープで、反対側の側道(上星川方面)へ降ります。写真は新横浜方面で、黒い屋根が横浜羽沢国大駅。この先で、JR方面と東急方面(2022年度下期開業予定)とで分岐し、貨物線に接続します。下り線(JRから相鉄方面)が広大な貨物ヤードを潜るため、夜間工事の時間が確保できずに、当初予定より完成が遅れたとのこと。(参考⇒ 直通線ホームページ

DSC02568.jpg

 新駅舎を金網越しに…ああ、金網にピントが合ってしまった(泣)。

DSC02569.jpg

 駅名にズームイン…。

DSC02570.jpg

 駅構内も、だいぶ出来上がっている様子でした。しかし、盗撮みたいだなあこれじゃ。

DSC02571.jpg

 盗撮しなくても、別角度からよく見えました。立派な駅舎です。JR直通の段階では日中30分おきだから、勿体無いぐらいです。

DSC02573.jpg

 さらに離れた所から。駅周辺は、まだ広大な空き地です。これから開発されるのでしょう。

DSC02574.jpg

 工事は7月16日までとのこと。もうすぐ完成ですね。

DSC02577_20190502213038cf1.jpg

 再び歩道橋へ戻り、JRの貨物ヤードを渡ります。正面が新横浜。

P_20190502_153945.jpg

 渡ってきた歩道橋を振り返る。貨物駅の敷地の広さを実感します。

DSC02578_20190502213040f5d.jpg

 ここからはひまひま散歩。駅のすぐ近くには、農地が広がります。ランドマークタワーを背景にした畑、ある意味とても横浜らしい光景かも知れません。

DSC02580_20190502213041b23.jpg

 第三京浜を橋で渡ります。ふだん車に乗らないので(近所の買い物程度)、どのあたりなのか全くわからない…。

P_20190502_160422.jpg

 そんなこんなで、市営地下鉄ブルーラインの三ッ沢上町駅に到着。

DSC02581.jpg

 では、今日はこんなところで帰ります。開業したらまた来よう。はざわ、ざわわ、羽沢…(すみません)

 (久々に登場、今回の地図です↓)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気