2017-08

瀬谷八福神をめぐって(南編)

 毎度二俣川と関係なくて申し訳ないのですが。瀬谷八福神を回ってきました。

下瀬谷橋バス停

 地下鉄立場駅から瀬谷駅行のバスに乗って、下瀬谷橋バス停で下車。反射してしまってよく見えませんが。すみません。
 このあたりの神奈中バスは県央地区でおなじみの「前乗り、前降り、整理券後払い方式」ではなく「前乗り、後降り、行先申告前払い方式」で、ちょっと戸惑います。

下瀬谷橋

 バス停の名前になった「下瀬谷橋」が目の前に。橋といっても、ここで川はどこかに消えてしまい、欄干は片側しか見当たりません。川の上は環状4号の立派な道路になっています。

あやしげラーメン屋

 川のふもとに、あやしげな(?)ラーメン屋が。入ろうかとも思いましたが、やめときました。後々後悔することになるのですが。

八福神のぼり

 環状4号を歩道橋で渡ると、八福神を示す赤いのぼりが。

全通院

 階段を上ったところにあるのが、全通院勢至堂。知恵と長寿の神、寿老人がまつられています。お堂の奥の方にあるのを目を凝らして見てみましたが、暗くてよくわかりませんでした。案内役のボランティアなのか、中年の男性が「後で読んでみてください」とお堂の由来が書かれたプリントを渡してくれました。

祈願皇軍必勝の碑

 境内には「祈願皇軍必勝東亜新秩序建設完遂」と書かれた石碑が。何と言うか、歴史を感じます。

宗川寺

 続いて、中原街道沿いにある宗川寺へ。

宗川寺福禄寿

 ここには、人望・福徳の神、福禄寿がまつられています。人望の薄い者としてはしっかりお参りしないと??
 それにしても、暖かい日曜日とあって、けっこう多くの人々が八福神めぐりをしています。相鉄で配布しているスタンプ帳を手にしている人も多い。相鉄が沿線の名所として毎年PRしているのも、だんだん定着してきているようです。

道祖神

 道の分かれ目にたたずむ道祖神。

左馬神社

 左馬神社。八福神とは関係ありませんが、泉区・瀬谷区には、なぜかこの「さば神社」という読みの神社が非常に多いそうなのです。その名前の由来には、いくつかの説があるそうなのですが(長くなるので省略)。

左馬社

 かなり立派な神社です。

左馬社梵鐘

 20人ぐらいのおばさん団体が、境内に座ってお弁当中でした。

左馬社案内

 説明の看板(クリックすると拡大)。

西福寺

 左馬神社のすぐ近くにある西福寺。

西福寺布袋尊

 開運・安産の聖者、布袋尊がまつられています。

布袋様

 布袋様の石像。大笑いしてますなあ。

布袋様足跡

 こちらは布袋様の足跡とのこと。足のまわりで光っているのはお賽銭。

西福寺2

 隣の墓地からはお坊さんのお経が聞こえてきます。木々に囲まれた静かな雰囲気のお寺でした。

寶蔵寺

 続いて厚木街道沿いにある寶蔵寺。大きなお寺です。

寶蔵寺弁財天

 こちらにまつられているのは、芸道芸術の神、弁財天。ちょっとお色気風の(?)風貌です。

 ここからは、相鉄線の線路をくぐって北側へ向かいます。しかし、長くなったので今週はこのへんで。来週に続きます(「二本撮り」ってやつです)。

コメント

感謝。 素晴らしい内容です。
相鉄スタイルに推薦したいくらいです が、
(写真は雄弁ですね。)

ありがとうございますi-237
相鉄スタイルはふたする会にとって商売敵でありまして……

…って、そんなことはありません。でも、切磋琢磨して(?)頑張ります。

えっ!?
いつのまに、ふたする会が商売を!?

試験場案内でもしましょうかi-237

商売してないのに商売敵はおかしいですねi-229
勢いで言ってしまいました。すみません。

ケンケンさん作成のふたちゃんTシャツを販売しましょうか…??

ガイドブックみたいな情報量ですね
お天気もよく、気持ちよさが伝わってきます。
これで将来オープン予定の「ふたするカフェ」も繁盛まちがいなし。
ねっマスター?!

この日は暖かくて、ほんとに気持ちよく回ることができました。
瀬谷は二俣川に比べて高低差が少ないのも実感しました。歩きやすいです。

老後のカフェオープンに向けて頑張ります。
夜は「バーふたちゃん」に衣替え(寂れてそうだなあ)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/132-11bee0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気