2017-10

水道道を行く(第6回・横浜町田で右往左往)

<前回までのあらすじ> 野毛山から水道道を(数日に分けて)たどってきたひまひま管理人。川井浄水場を過ぎたところで、ついに道を見失ってしまった。この先どうなるのか??

横浜町田

 右往左往した挙句、

横浜町田IC

 横浜町田インターまで来てしまいました(注・当然ですが歩道から撮影しています)。

バス停

 バス停があった! バスに乗って一時退却も考えましたが。

バス停時刻表

 なんと驚愕の1日1本。本日の運転は終了いたしました。

 ここから管理人は方向音痴の本領を発揮し、16号と東名の薄暗い地下道を何度もくぐり、結局インターチェンジ周辺をぐるぐる回って元に戻ってしまいました。このあたり、いわゆるホテル街。昼間から車の出入りが多くて盛況なんだなあと感心しましたが、逆に言うと昼間でもぶらぶら散歩するような場所ではありません。

水道道(町田市2)

 余計な体力を使ってへろへろになりつつ、住宅地の中で再び水道道発見。

鶴間三角公園

 花のきれいな、鶴間三角公園。子どもたちが遊んでいました。鶴間は大和市と町田市に分かれているのが面白いです。こちらは町田の鶴間。

マンホール

 マンホールのふたには「横浜市」の文字。町田市にあってここが横浜の水道道であることを証明しています。

獅子頭共用栓

 道路脇に、昔の温泉にあるようなライオンの口が。

共用栓説明

 説明の看板によると、「獅子頭共用栓」というものだとのこと(クリックすると拡大します)。横浜市から町田市に寄贈したようです。

246

 246を歩道橋で渡ります。こうして見ると高速道路みたいだなあ。

鉄管

 再び水道道。無造作に水道管が展示されています。

鉄管説明

 すぐそばには解説文(クリックすると拡大)。明治20年、近代水道創設当時の鉄管とのこと。しかし、横浜市内より町田市内の方がこうした展示が整備されているというのはどうなのよ、という気もしますが。

トロッコ歴史看板(町田市)

 そして、ここにもあったこの看板(これもクリックすると拡大)。もうちょっとで約半分だ!

水道道(町田市2)

 草に覆われた静かな道を進みます。

水道道(町田市3)

 ・・・が、またも行き止まり。

水道道(町田市4)

 上をまたぐ道路から撮影。この先もまだ歩けそうではありますが、東名町田ぐるぐる一周で疲れたので、この日はここまでにします。

グランベリーモール

 すぐそばには、南町田のグランベリーモールが。いかにも田園都市線、といった感じの整然とした街並みです。

南町田駅

 南町田駅から電車に乗って、この日の散策は終了。川井宿からここまで、変化に富みすぎの風景でした。

コメント

気になってずっと眠れぬ夜を過ごしました。(ウソつけ)
インターのバス停、渋滞で停車中に見つけたことがありましたが
「こんなところを歩く人なんていないだろうに」と思っていました。
ら、いたんですね、歩く人。しかも二俣川の人☆
南町田近辺はちょっと住んでいたことがあって、写真にある行き止まりの場所も
懐かしく拝見しました。不思議な空間だと思っていましたが
野毛山からの水道道だったとは・・・。勉強になります。
ただ、気になるのは、トロッコ歴史看板の地図が
ときどき東西が反転していますよね?すごい違和感。

一人でつっこんで解決しました。
トロッコの地図、東西反転ではなく南北も変わってますね。
180度回転してるのですね。
よく電車のドア上に横長に張ってある駅名が
東西南北どおりではなく、進行方向によって見やすく書かれているのと同じですね。
な~るほど~。ひとりで盛り上がって失礼しました。

こんばんは。こんなところを歩く人です。
ととりんさん、南町田在住だった時があるんですね。二俣川よりだいぶセレブなイメージ??

そうなんです、トロッコ看板、道の左右で別デザインになっているんです。凝っています。
相鉄の車内の路線図も、進行方向によってデザインが別になっていますよね。
いずみ野線の分岐する向きも、ちゃんと実際の方向に合わせていて、芸が細かいです。

ちなみに京急の路線図は、支線の分岐する向きが実際と違っていて、やや違和感が。
まあ、乗り入れ先を含めると膨大な路線図になって、スペースに収めるためには仕方ないのですが。
…関係ない話になってしまいました。すみません。

かなり進みましたね!
これから先は更に険しくなって行くような予感がしますが、楽しみにしています。
草を掻き分けて走破するシーンも出てくるのかな(笑)


アップダウン連続の横浜市内に比べればらくちん、
なんてタカをくくっていましたが、どうもそんなに甘くなさそうですi-232
これから暑くなるし、ツラそうだなあ…まあ、行ける所まで行ってみようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/142-e0d54734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気