2017-08

<ひまひま企画>用も無いのにまた羽田へ

 新しくできた国際線ターミナルを見てみようと、例によって用も無いのに羽田空港へ行ってきました。ひまひまですみません。前回、空弁買って帰って来てからなんと5年ぶりだ(毎度のことだが、なんという進歩の無さ!)。

浜松町駅

 さてさて。京急で行くのが近いのですが、久々にモノレールに乗ってみたくて浜松町へ。モノレールの浜松町の駅ビルは、どことなく古めかしく、昭和の雰囲気を残したもの。狭い通路に居酒屋などがひしめいています。
 階段を昇っていくと、3階にコンコースが。大きな荷物を持った空港客でごったがえしています。

浜松町ホーム

 ホームに上がり、最速列車の「空港快速」に乗って出発。
 発車するとすぐ右手に東京タワー、そして眼下に新幹線、山手線、京浜東北線が並走。ぐぐんと左にカーブしたと思うと、小舟がずらりと係留された運河の上を走ります。こんなに変化に富んだ車窓はなかなかありません。すっかり童心に帰ってしまいます。
 一方で、乗り心地はかなり悪い。がくんがくんと揺さぶられる感じ。これは、宙吊りになって走る湘南モノレールもそうですが。「モノレールは、ゴムのタイヤで走るから乗り心地がいいんだよ」なんて子どものころ絵本で読んだ覚えがあるのですが、これはモノレールが「最先端の乗り物」だった頃の幻想だったのかも…。

国際線ビルホーム

 浜松町から13分。羽田空港国際線ビル駅に到着です。

モノレール

 乗ってきた方向を振り返る。カーブの大きさがわかります。

国際線ターミナル

 改札を出るとそこが3階出発ロビー。実際の航空客もちらほらいますが、遊びに来ただけという人(自分含め)が多そうです。成田と違って、ものものしいセキュリティーチェックが無いのがいい。

江戸小路

 エスカレーターで4階に上がると、この国際線ターミナルの集客の目玉だという「江戸小路」が。個人的には、こういうテーマパーク的なものはあまり好きではないのですが、たくさんの人で賑わっていたので、とりあえず狙いは成功していると言えるでしょう。

展望デッキ

 さらに5階に上がると展望デッキ。天気が良くないにもかかわらず、ここにも大勢の人!

展望デッキより1

 せっかくの展望デッキなので、展望してみます。正面に見えるのは管制塔と国内線ターミナル(たぶん)。

展望デッキより2

 ANAの旅客機と、JALの旅客機。飛行機に全然詳しくないので、こんなやっつけコメントですみません。

バス券

 そろそろ「二俣川何の関係もねえだろ」と怒り出す人もいるかと思いますので、バスに乗って二俣川に帰ることにします。カウンターでチケットを購入。

バス乗り場

 地上の8番乗り場から二俣川行のバスは発車します。ちなみに停車中のバスは1本前の新横浜駅行。写ってる人は管理人ではありません。

発車案内

 新横浜、たまプラーザ、センター北・南など、様々な行先のバスが、同じポールから5分おきに発車します。他の乗り場も含めるといったいいくつ行先があるものか。

二俣川行バス

 いよいよ二俣川行の相鉄バスが到着。係員の男性が、「そーてつせん、ふたっまたがわえきいきです!」とかなり強調してアナウンスしていました。誤乗防止でしょうか。二子玉川と間違えて乗られると困るもんなあ。
 国際線ターミナル発車時点では自分含め乗客はたった3名でしたが、途中、第2・第1ターミナルと経由し、大半の座席が埋まりました。時間帯が違うので比較はできませんが、空弁企画の時の閑散ぶりと比較すると、だいぶバスも定着したようです。

 みなとみらいを右手に見るころにはすっかり夜景に。今日はいろんな景色が見られて、すっかりおのぼりさん気分です。まあ、都会への馴染み度的には、実際おのぼりさんと大差無いかも知れませんが…。

コメント

ふたっまたがわ

なるほど。「ふたごたまがわ」と間違えないためにはそこで「溜め」をつくるわけですな(゜_゜

しかし、成田空港の立場って…。

スカイラナイナー

鳴り物入りでスカイライナーを投入した京成が不憫ですよ、これでは。
一方で京急はますます順風満帆といった感じでしょうか。

どうしても鉄道ネタになってしまってすみませんi-232

旅行帰りにこのバス乗って本村インター右折した時、ほっとします。
あゝ帰ってきたって。個人的にはここで降ろしてくれーという感じですが。

遠くから二俣川まで帰ってくると、ほっとするのは何ででしょうね。
横須賀に帰ってきても、あまりそんな気分にならないんです。やっぱり生まれ育った地は違うのかな…。

本村方面の人にとっては、インターで降ろしてほしいですよねi-229。新幹線も西谷で降ろしてほしい。

モノレール

ポイント?切り替えがいつ見ても壮観で大好きです。


コンクリ道ファン

実はぼく、モノレールのポイント交換を見たことが無いんです。

これでは鉄道ファン失格…i-232
と思ったけど、モノレールは鉄の道じゃないから、いいのかな?(コンクリート道??)

バスの背景にモノレールがちゃんと写っているところ
さすがです。いい写真ですね。
二俣川からバスに乗ってそのまま世界へ行けるんですね~。

で、帰りのバスは、ワタシの場合
駅で降りずにそのまま車庫まで乗せて欲しいです。

モノレールのポイント交換って何ですか?
壮観なコンクリート道、奥が深そうですね。

それにしても
空弁から5年・・・早いですねぇ~。ビックリしました。

何を間違えたのか、ポイント切り替えをポイント交換と書いてしまいました。
どんだけ大規模な工事なのか…i-232

後ろのほうの座席で隠れて寝ていれば、もしかすると車庫まで運んでくれるかも知れませんね??

びっくりポイント

管理人さん
ポイント切り替え→ポイント交換 その違いにすら気づかないままコメントしていました。
決してあげあしとったわけじゃありません~(汗)

モノレールのポイント切り替えというものが何なのか分からなかったので
検索してみたらyoutubeで動画が見れました。
初めて見ました!びっくり!うにょうにょ~。
目が飛び出しました。いつか本物を見てみたいです!

奥深きコンクリ道

映像見ました。すごい! ほんとにうにょうにょ~と曲がっていますね!!

どんな仕組みになっているのか。ますます疑問が深まってしまうのでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/151-af0d0d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気