2017-08

水道道を行く(第13回・禁断のバスワープ)

 けんちゃんさんにこれまでの道のりをマップにしていただいて、感激しております。これを見ると、ただのひまひま散歩が、なんだか立派なことをしたような錯覚におちいるなあ??

 さて、前回の続きを歩くために、横浜線で橋本まで。乗っていた電車が途中で緊急停車してしまい、10分遅れで到着。予定していたバスが目の前で出て行ってしまいました。幸先悪いスタートだ。
 次のバスは1時間後。もう昼過ぎで、モタモタしていると日が暮れてしまうので(家を出るのをモタモタしていたのがいけないのですが)、急いで窓口で一日乗車券を購入し(1,000円で神奈中バス乗り放題。今回はバスのお世話になりそうなのでこれを利用することにしました)、停まっていた別のバスに乗り込みました。三ヶ木行バス。「みかげ」と読みます。

谷ヶ原

 学生やお年寄りで座席がほぼ埋まったバスに20分ほど乗車し、谷ヶ原バス停で下車。ここには「谷ヶ原浄水場」があります。横浜水道に関係あるかと思いきや、看板には相模原市、厚木市、愛川町に給水していると書いてあって、残念ながら関係無いみたい。

川尻遺跡

 浄水場の近くには「川尻遺跡」がありました。石器時代の遺跡だそうです。

小倉橋へ

 ここから近くの坂道を下り、小倉橋へと向かいます。「神奈川の橋100選」に選ばれているというこの橋(第4回で触れた「大貫水路橋」も選ばれていましたね)。前回相模川自然の村から遠くにこの橋が見えて、近くで見てみたいと思っていました。

小倉橋1

 どんどん坂を下ると、アーチ型の橋が見えてきました。

小倉橋2

 さすが橋100選、美しい姿です。手前の低い橋が1938年開通の小倉橋、奥の高い橋が2004年開通の新小倉橋。

水道?

 坂を上り、元来た道を戻ります。途中、頭上を古そうなコンクリート橋が交差します。地図を見るとこれが横浜水道っぽいんだけど、何の表記も無いので確証が持てない。バス通りまで戻り、城山ダムまで歩きます。途中、讃岐うどんのチェーン店で急いで遅めの昼食(うまい)。

城山ダム展望台

 城山ダムに到着。展望台は工事中で封鎖されていました。

津久井湖

 城山ダムによって貯水された津久井湖。

水道管

 ダムの横には水道管らしきものが。これも横浜水道?

塗装をなおしています

 カメラで寄ってみました(クリックすると拡大します)。「横浜市水道局青山水源事務所」の文字が。

 ここからは水道管は山の中を通っているみたいなので、再び三ヶ木行のバスに乗り、その「青山水源事務所」を目指します。途中、相模中野というバス停に停車。かつて、京王線が橋本からここまで延びてくる計画があったらしいですが、もはや実現可能性はほとんど無いようです。鉄道が出来ていたらどんな風景になっていたのか。
 終点の三ヶ木は、相模湖や橋本など、各方面のバスが発着するこじんまりしたターミナル。ここから水源事務所へと向かって歩きます。続き(2本撮り)はまた次回!

コメント

ついにここまで

やってきましたね!
しかもまだ続きがあるとは!

この展望台で休憩した事あります。
気持ちが良いですよね。

次回を楽しみに待ってます。




城山ダムも津久井湖も行ったことがありますが、良い景色でした。
此処も相模原市になってしまったのですね。
何の理由もないのですが、 ちょっと残念な気も。

ここから先はダイジェストでお届けします

>タカナシさま
展望台、のぼってみたかったのに残念でした。
実は次回はいよいよ最終回です!
終盤は打ち切りマンガのごとく(?)駆け足ですが…。

>siroutoさま
相模原市は大きくなりましたね。
仙台や静岡同様、「山奥までむりやり政令市」の印象は否めませんが…。

横須賀も三浦と合併して政令市に…などと勝手に考えましたが、両市合わせても人口が足りませんでしたi-232

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/157-e12c48b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気