2017-10

<ひまひま歴史企画>重忠紀行・第3回

鶴岡八幡宮鳥居

 いざ鎌倉、ということで鎌倉にやってまいりました。

鶴岡八幡宮鳥居2

鶴岡八幡宮境内

 鶴岡八幡宮。平日なのに、鎌倉は観光客でいっぱいです。

東鳥居

 人波を外れて、こじんまりした東の鳥居へ。

東鳥居2

 鳥居を出たところに、石碑があります。

重忠邸跡

 「畠山重忠邸址」とあります(クリックすると拡大します)。ここに、鎌倉での重忠の屋敷があったんですね。

東鳥居周辺

 屋敷跡あたりは、周辺の喧騒がウソのような、静かな住宅地です。

玄翁

 小町通り近くまで戻り、かつて二俣川にあったラーメン屋「玄翁」(元「はま玄」)で昼食。がんこ親父のラーメン屋、といった風情です。この日は11月だというのに暑い!のでつけ麺を選択。二俣川時代には考えられなかったような若い女の子グループが入ってきて、あれにしようこれにしようと賑やかでした。

由比ヶ浜

 由比ヶ浜まで歩いてきました。

由比ヶ浜2

 この地では、まだ平家に従っている頃の重忠が、三浦一族と激しく戦ったとのこと。
 そして重忠が二俣川で討たれる直前、息子の重保もまた、この由比ヶ浜で北条氏に殺されています。

 そんなたくさんの血が流されたであろうことなど信じられないくらい、湘南の海辺で過ごす人々は皆、穏やかで幸せそうに見えました。

タンコロ

 近くの公園には、江ノ電の旧型車両「タンコロ」が保存されています。

タンコロ車内

 車内にも入れます。椅子は木製!

タンコロ側面

 でも…。いたずら防止でしょうがないとは思いますが、金網の向こうにいるタンコロは、どことなく悲しげに見えました。

 つい趣味の話題に走ってしまった。次回はついに、終焉の地、地元旭区です。

※ 重忠紀行のこれまでの地図はこちらです→ 重忠紀行マップ

コメント

ラーメン食べたい。

おお!玄翁ですね!
年に1度くらいですが、鎌倉に行くと必ず行きます。
あのガツンとくるとんこつ醤油のスープは忘れられません。

しかし、この企画はためになりますね。
地元の小中学生のみなさんは必ず見るように、ってかんじです。

帰ってきてはま玄??

玄翁はメニューが多いですね。
はま玄の時は、高菜ラーメンとそれ以外のラーメンしか無かったような気が(もっとあったかな??)。

地元の小中学生のみなさんはこれを見て、
大人になってちんぷんかんぷんになる前に(管理人のように)、
今のうちから歴史の勉強をしていただければと思います…i-232

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/180-e2eae9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気