2017-08

お江戸の古文書でござる

 中尾町の県立公文書館で「古文書にみる近世庶民のくらし―かながわの江戸時代―」という企画展が行われていると聞き、行ってきました。せっかく県民税を払ってるんだから、こうやって回収しないと(いや、そんなに払ってるわけじゃないですが…)。

公文書館

 で、こちらが公文書館。いつ見てもでかい! 「パルテノン二俣川」とでも名付けたい威容です(何だそりゃ)。
 入口を入ってすぐ左側の小部屋で、企画展は開催されていました。恐らく…とは思いましたが、予想通り誰もいない。部屋の入口脇の机にカウンターが設置されていて、入場者はそれを自分で押すようになっています。本日の入場者数4人目。う~ん。多いのか少ないのか。

古文書が並ぶ

 このように、ひたすら古文書が並んでいるわけです。畑の開発を願い出る文書や、凶作による困窮を訴える文書・・・。興味のある人にとっては半日ぐらいいても飽きないかも知れませんが、興味が無いので3分で飽きてしまいました。

武陽金澤八景略図

相州江ノ嶋詣之図

 上が「武陽金澤八景略図」、下は「相州江ノ嶋詣之図」。こういう展示なら、自分のような歴史無知人間が見ても楽しい。でもこれらは、あくまで参考資料という扱いです。

休憩

 まあそんなわけで、休憩所でイチゴオレを飲んでそそくさと帰ってきました。何しに行ったんだろう。

コメント

朝の厚木街道の渋滞を避けるためなんとか裏道がないかと、このあたりを開拓し、
迷い込んで行き当たるのが、いつもこの公文書館でした。
住宅地に突如現れる、謎の王様が住むお城、みたいな感じでしたね。
建物も立派だし、きっと中身もすごく立派なんでしょうけれど
不便&分かりづらい場所、というのが惜しいですね。
探そうとすると行けないけれど、迷いこんで適当に走ってるとたいていたどり着ける、ってところでしょうか。

公文書館には何回か行った事があります
写真は撮らせてもらえるんですね
バッグをもったまま入ろうとしたら 駄目だといわれましたが・・
今はどうなんでしょう

ほんとに立派な建物ですよね
もっと利用価値はないのかしらね
コンサートを開くとか・・・(^^ゞ

>ととりんさん
あのあたり、起伏も多いしけっこう道が狭いですよね。ととりんさんは運転上手!?
ぼくはドライビングテクニックが相当なものなので(悪いほうに)、絶対裏道は通りません・・・
我が家のそばの道も最近は抜け道として定着し、朝などは年々車が増えています。

探そうとすると行けないけれど、迷いこんで適当に走ってるとたいていたどり着ける、謎の王様が住む城。
これで絵本が描けそうじゃないですか。どなたか描いてください(自分でやれ)。

>言の葉さん
資料室は、荷物の持ち込みはできません。ロッカーに預けるようになっています。
展示室は、特に「撮影禁止」の表記が無かったので、撮ってしまったのですが・・・。
フラッシュはOFFにしておいたので、良しとしてください・・・??

確かに、あの建物は勿体無いなあと思うんですよね。地域住民から隔絶して、まさにお城状態。
資料の収集・保存が目的だから、仕方ないのかも知れませんが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/41-670401fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気