2017-08

二俣川の中華屋で昼飯を食べる<上海菜館の巻>

 大手資本のSバーミヤンが乗り込んできて、風雲急を告げる二俣川中華戦争。そんな戦国状態の中、人知れず、話題にものぼらず、ひっそりと営業している(いや、話題になってるのか??)「上海菜館」へ行ってまいりました。場所はフォルテ内、旧サンクスの向かいです。

上海飯店

 こちらがその外観。例によっておじいさん携帯(=らくらくホン)による写真なので、粗くてすみません。
 店内に入ると、優しそうなおじさんの店員(店主かな?)に注文をきかれました。3種類あったランチのうち、Aランチ(海老と卵の炒め物・750円)を注文。
 店内は、正面に厨房があり、左右に4人がけのテーブル席が並んでいます。こじんまりしているけど、清潔で落ち着いた雰囲気です。中年の男性客2人が、テポドンに対しての武装の必要性について、熱く議論をしておりました。
 個人的には、飯を食うときぐらいそんな話はやめて、楽しい話をしようよと思うのですが。こんな事言うと、「お前みたいな平和ボケバカ若者がいるからいかんのだ」とショーロンポーが飛んできそうだけど。

Aセット

 話がずれてしまった。そんなわけで、料理が到着。ザーサイとたまごスープが付いています。残念ながら杏仁豆腐は無し。杏仁大使(自称)としては寂しい限りです。
 味は、あっさりした塩味で油が多め。好き嫌いがあると思いますが、個人的には好きでした。見た目の量はやや少なめでしたが、食べ終わったら満腹になりました(ご飯が多かったのかも!?)。
 優しいおじさん店員さん、お釣りを渡す時もしっかり両手を添えて…と言うか、両手で包み込むようにして渡してくれました。感じがいい店でしたので、ちょっとは話題にのぼるように言いふらそう(?)と思います。

コメント

腹八分目医者いらず

ここはちょっと気になってましたが清潔なのは◎ですね。
ちょっと少なめな所が良いです。ふらっと行けて。(行くか?)
例によって「リトマス炒飯」いってみようかなー。

さんせいのはんたいはアルカリ性

リトマス炒飯というチャーハンが存在するのか??
もしかしてチャーハン界における隠語なのか??

…などと思って10分ほど悩みまくってしまいましたが(本当)、そういう意味ではないですよね。バカなのか私は。

さんせいのはんたいははんたいなのだ

むー。なるほろ。

「上海菜館」は、もうひとつ特徴が見えなくて、
行き損ねてたかんじですねぇ。

となりのバーにはたまに出没しますがv-275

これはもしかして「ふたわんグランプリ」の一環ですか?
上海菜館、名前はなんだか美味しそう。野菜たっぷり入ってそうで。
でもお店の佇まいが難しい。
すごく美味しいお店って、こういう雰囲気だけど
あまり美味しくないお店も、こういう感じなんですよね。←伝わるかしらこのニュアンス。
だから、初めて入るには勇気がいるというか、
できれば口コミ情報ゲットしてから入りたいお店、ってところです。

なので、管理人さん、これからもよろぴくね。

>もうひとつ特徴が見えなくて

>すごく美味しいお店って、こういう雰囲気だけど
>あまり美味しくないお店も、こういう感じなんですよね。

まさに、これは!といった特徴はなく…。
けっして美味しくないわけではなく、
とは言え「味のIT革命や~!!(彦麻呂)」というほどでもなく……。

でも、ハズレは無さそうな感じなので、ぶらっと行くにはいいかな、と思いました。

>なので、管理人さん、これからもよろぴくね。

了解しました!まだまだ頑張りますよ~ひまひま管理人は!(←カラ回り気味)
ふたわんグランプリはすっかり忘れてましたが…e-263

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/53-6b6a4870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気