2017-08

あの店にもう一度行きたいⅡ・はま玄編

 二俣川を飛び出しての番外編企画「あの店にもう一度行きたい」の第2弾。前回の「アラ・コンタディーナ」(結局、開店時間内にたどり着けなかったのですが…)に続いての今回は、かつて試験場通りで営業していたラーメン屋、「はま玄」です。
 高菜ラーメンが名物で、高菜を避けて普通のラーメンを注文した管理人ですが、店のご主人に「サービスです」と高菜をドバドバ入れて頂いたのもいい(?)思い出。名前を変えて鎌倉に移って営業していると聞き、一度行ってみようと思いつつ時が経ってしまいました。
 ところが先日、知人の結婚パーティーが鎌倉であり、会場までの道のりを検索しているうち、「玄翁」というラーメン屋を発見。この店こそがかつての「はま玄」ではないか。この時は時間が無くて立ち寄れなかったのですが、今回、逗子で用事があったので、途中下車し行ってまいりました。

 玄翁

 前置きが長くなってしまいましたが。こちらがその「玄翁」。鎌倉駅を出て小町通りを進んでいき、右にちょっとそれた路地の中にあります。小さな立て看が出ていただけなので、気をつけていないと見逃してしまいそう。
 小さなビルの1階にあるドアをくぐって店内に。先客は1名。「いらっしゃい」と声を掛けたのは、ややぶっきらぼうな感じの、ガンコ職人風(←勝手なイメージです)のご主人。はま玄の、高菜ドバドバ主人とは、なんだか別な人のような気が・・・記憶が定かでなくて自信が無い。

支那そば

 こちらが注文した支那そば(650円)。例によってぼやぼやおじいさん携帯写真ですみません。はま玄のラーメンは、とんこつ風味で個人的にはややしつこかったのですが、これは比較的あっさり味(とんこつラーメンもメニューにあります)。名物の高菜も健在です。おいしい。好みの味でした。

 さて、最後にご主人に「この店は以前二俣川にあった店かどうか」を確認せねばなるまい。そうしないと、ただの「鎌倉でラーメン食ってきました日記」になってしまう。管理人は、普段店のご主人にまず自分から声など掛けないヨワヨワ人間なのですが、意を決して(?)聞いてみました。
 すると、やはり以前は二俣川で営業していたこと、鎌倉に来てからしょう油味を始めたこと、二俣川の人たちも時々食べに来ますよなどということを話してくれました。そんなわけで、二俣川の皆さま、鎌倉へ行った時はちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう?

コメント

はま玄 が何故 玄翁 に代わったのかな? 横浜を離れたから?、
それとも 年を感じたのかな?
いずれにしろ、管理人様ご苦労様。行動力に脱帽。

ありがとうございます。
何故鎌倉へ移ったか、何故店名を変えたか、
聞きたいことはいっぱいあるのですが・・・。聞く勇気がありませんでした。
取材記者にはなれませんねーi-232

私もしつこかった印象はありましたね。
機会があればしょう油味を試してみたい。

>それとも 年を感じたのかな?
面白すぎです。

しょう油味は良かったです。
二俣川時代もこの味があれば良かったなあ、と・・・。

土地柄、女性客も来るでしょうから、客層に合わせたのかも知れませんね。

レポート、おつかれさまです!

食べたら「もうしばらくいいや」と思う濃厚な味なのに
一週間もするとまた食べたくなるのです。

二俣川閉店時の貼紙に電話番号が書いてあったので
新しい店の場所を聞くのと同時に、

「なんで鎌倉に行っちゃったんですか?」って聞いたら、
「昔から鎌倉で店やりたかったから」って言ってました。

出身地なのかなぁ?管理人さん、今度行った時に
聞いといてください(笑)

昔から鎌倉で店やりたかったから・・・

私(二俣川)は遊びだったのね。さよなら。


と、今度行った時に伝えようと思います。嘘です。すみません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/85-bc66d692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気