2017-10

<番外編>昭和30年代の二俣川駅

 伊勢佐木町の有隣堂で開催されている「今よみがえる昭和30年代の相模鉄道」という写真展に行ってきました。本来ならひまひま日記で書くべきネタですが、二俣川駅の昔の写真も展示されているので、ここで書くことにします。

有隣堂

 そんなわけで有隣堂に到着。横浜出身の作家が「東京の本屋を知るまで、有隣堂が日本で一番大きな本屋だと思っていた」などと書いていましたが、私も全く同じ。新宿の紀伊国屋を見て、「ああ、有隣堂って小さかったんだ・・・」とショックを受けたものです。

松坂屋

 有隣堂の正面にあるのが、横浜松坂屋。ゆずの路上ライブで有名になり、紅白の生中継で一躍全国区になった松坂屋ですが、伊勢佐木町の地盤沈下には勝てず、10月26日をもっての閉店がついに決まってしまいました。

ギャラリー

 写真展の会場は、階段を下りた地下にあるギャラリー。主催は武相高校の鉄道同好会。入口を入ると、中学生ぐらいの生徒(武相は中高一貫)にクイズ用紙を渡されました。出川哲朗とパンチ佐藤という2大タレントを輩出していることである意味有名な武相ですが、鉄道同好会の地道な活動は、鉄道マニアの間ではしっかり評価されているようなのです。

模型

 相鉄の新旧車両が揃った模型。なぜか厚木基地まで再現!? この後、なんか脱線事故が発生してしまったみたいでしたが・・・。
 この写真展は、40年間相鉄で勤務しながら駅や車両を記録し続け、相鉄退職後の2004年に亡くなられたという、写真家・天野洋一さんの作品を展示したものです。昭和50年代生まれの管理人にとっては、当然見る風景は懐かしいものではなく、こんなだったんだと驚くものばかり。特に、かつての二俣川駅南口にはびっくり。まるで登山電車の駅みたい・・・。唯一、地下化前の大和駅の風景が、記憶にあるものと一致していました。
 ついつい、入口の中学生に「写真撮ってもいいですか」と聞いてしまいました。当然、「えっ・・・展示物は写真は撮れません、すみません」との答え。著作権のある作品ですもんね。アホな大人を晒してしまってすみません。

買いました

 と言うわけで、展示作品が掲載された写真集(旧塗装と同じ色だ!)と、ついでに『横濱・相鉄線沿線の旅』を購入。今月は赤字だなあ・・・(泣)。展示はカラー作品が多かったのですが、写真集はほぼモノクロなのが残念。
 ちなみに会場、マニア中心かと思いきや、年配の一般客が多かったです。昔を懐かしむように写真に見入っていたのが印象的でした。鉄分の薄い方(?)でも楽しめると思いますので、散歩がてら行かれてみてはどうでしょうか。(7月21日(月)まで開催)

コメント

明日行こうと思っていたのに、先を越されました。
やられました(-。-)ボソッ

すみません、我慢できずに行ってしまいました。。。
見なかったことにしてください・・・って、ダメですか。

貧血ぎみ?

鉄分は薄い方ですが、昭和30年代なので、
年配の一般客として行ってみたいと思います。

昔の三ツ境駅が見たいなー。

輸血します

年配客は、もっとずっーと年配でしたよi-229

三ツ境駅、あの相鉄らしからぬホームの大きな屋根は、昔からの伝統だったんだなあと分かりました。
あんまり書くとネタばれになるので、このへんで…。

松坂屋閉店してしまうのですか・・・
ほとんど利用したことありませんが寂しいです。
(わたしのように、あることは知ってるけど買い物したことない人が多いからつぶれちゃうんですね)

伊勢崎町は表通りをはずれると怪しい店があって、ちょっと気持ち悪かったりしますが、そこが、きれいだけど無機質なショッピングモールにはない魅力だと思ってます。
がんばれ伊勢崎町~。

ぼくも実は買い物した事ありません・・・。
「買い物しに伊勢佐木町」という感じにはわざわざ足が向かないのが正直なところです。
そう言えば、カレーミュージアムもいつの間にか無くなってしまいましたね。

怪しい店・・・ちょっと興味がありますが。(どっち方面の怪しさなのでしょう)

ザキブラ

私は相鉄沿線歴3年目なので、昔の写真を見てもピンと来ないかも知れませんが
登山電車の駅みたいだった二俣川の姿、というものに興味があります。
有隣堂と合わせて、松坂屋やちょっと気持ち悪い伊勢佐木町などを
久しぶりに散策してみたくなりました。
暑くなくて、雨の降っていない日に、行ってみたいと思います。そんな日あるのか。

伊勢佐木町のハメハメハ大王

暑くなくて、雨の降ってない日・・・・・・終わってしまいますよ~i-183

ちょっと気持ち悪い伊勢佐木町って、なんか逆に行ってみたくなるフレーズですね。
街の宣伝に使ってみてはどうでしょう(使いません)。

しまった漢字をまちがえてしまった。
伊勢佐木町ですね。

気持ち悪いというのは、日の出町や黄金町と共通する街の雰囲気が伊勢佐木町の裏通りにはあるような・・・(住んでる人達ごめんなさい)

日の出町や黄金町をよく知ってるわけでもないです。
京急の車窓から見るぐらい。
線路沿いはマンションが増えて、独特な雰囲気は感じられなくなりましたね。

日ノ出町や黄金町の雰囲気・・・わかります。
でもあれが、横浜の本来の一風景なのかも知れませんね。

春はあの区間は大岡川沿いの桜がすばらしい。
いつも電車の窓からですが、一度は川の上から見てみたいなあ、と思うのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futasurukai.blog2.fc2.com/tb.php/96-d522d9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

二俣川を有名にする会

二俣川を有名にする事のみを目的に 日夜活動しております。

最近の記事

最近のコメント

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

お天気